乾燥したかかとを潤いのある綺麗なかかとにする方法

  glass   乾燥した

時期になると必ず出てくるのが「踵の悩み」。

空気が乾燥し踵がガサガサになってしまう現象に

一度は悩まされているのではないでしょうか?

軽石で削ったり専用のヤスリで削ったりすると

ついつい削りすぎてしまい

若い皮膚までも傷つけてしまって余計に痛くなったりもしますよね。

そもそも、踵の乾燥は何故起きてしまうのか知っていますか?

踵の乾燥の原因と対処法についてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以外と知られてない踵の乾燥の原因

踵が乾燥してしまう原因はいくつか有りますので、

簡単に説明していこうと思います。

外部刺激

歩行などによって足の踵が擦れてしまい それにより起こる

摩擦こそが踵の乾燥の原因になります。  

特に重いものを持って仕事をする人は

摩擦がより起こりやすくなってしまい踵の角質が厚くなるのです。

また、サイズの合わない靴を履いている場合も角質が厚くなってしまいます。

小さい靴を履いている場合は足が圧迫され実を守ろうと角質を厚くします。

反対に大きい靴を履いていると歩度に動いてしまうので

摩擦が起こりやすくなってしまうのです。

乾燥により増える角質

踵は身体の中でも皮脂腺の無い箇所であり

身体の油が足りなくなりやすい箇所でも有ります。  

そうなると乾燥し角質が剥がれにくくなるということです。

特に年を重ねるごとに基礎代謝は落ちてしまったり

血行不良になったりもするので

より踵に角質を厚くしてしまうことになります。  

かかと水虫

踵が乾燥していると角質の問題と

基本的には考えるのが一般的なのですが、

水虫がいる可能性も有ります。  

症状は一般的な乾燥と大して変わらなく、

更に痒みもありません。

そのため、

かかと水虫の存在に気付かず生活している人も多いと思います。

対処法

一般的に乾燥の対処法はクリームを塗ることと言われています。

それは足の踵も同様なのです。

その中で注意しなくてはいけないと思う点を幾つかあげてみましょう。

角質除去

kakato

他の箇所の乾燥の対処法と踵の乾燥の対処法の 大きな違いは

やはり角質除去にあると思います。  

手が乾燥してしまっても角質除去なんてしませんからね。

ここでの注意点は「削り過ぎない」こと。  

あたりまえだと思う方もいると思いますが、

古い角質を削りすぎてしまい

新しい角質に傷をつけてしまうと 身体の防御機能が働いてしまい

余計に角質を厚くする原因になってしまいます。  

とても基本的なことなのですが、

一番注意しなくてはいけない点と言っても過言ではありません。  

また、削りすぎてしまうのではないかと不安な方は

削らないで角質除去するアイテムを購入するのもいいかもしれません。    

クリームは直ぐに塗る

kakato2

角質除去が終わったのであれば

保湿クリームをちゃんと塗ってから終わりにしましょう。  

角質除去が終わると達成感からその後のケアをしないで

満足してしまう人がいますがそれはよくありません。  

角質除去が終わりせっかく新しい角質が顔を出しても

クリームを塗らず放置をしてしまえば直ぐにまた乾燥し

角質除去が必要になってしまいます。  

角質除去が終わったら必ず保湿クリームを塗るように心がけましょう。  

因みにクリームを選ぶ際ハンドクリームや

ボディクリームを使っても 問題がありませんが、

それでも直ぐに乾燥してしまうと感じたら

足の専用のクリームを使ってみるのもいいかもしれません。    

お風呂あがりの保湿ケア

kakato3

角質除去が大切なのもそうなのですが、

日々のケアほど怠れないものはありません。  

特にお風呂あがりは肌が乾燥しやすいので

きちんとケアすることが大切です。  

もしも、

乾燥肌が酷くクリームが浸透していかないという

悩みがあるのでしたら化粧水を塗ってから クリームを塗って、

かかと保湿カバーを装着すると 浸透しやすくなりますよ。  

まとめ

冬場の角質問題は女性にとってかなりの悩みでもあると思います。  

男性的には「あまり気にしない」

とか言いながら かさかさしているのが見えると

勝手にショックを受けたりして、

正直困っちゃいますし^^  

けれど、男性を幻滅させないのも

女性の役目なのかもしれないと 考え美しい踵になるといいですよね。  

自分にあったケア方法を見つけてこの冬を乗り切りましょう♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です