肩こりの原因と病気 肩こりを治す解消方法

hana-pink  

肩こりはどうすれば治るの?

  日本人であれば肩こりによって一度はつらい思いを したことがあるのではないでしょうか?

しかし、 いくらかたをほぐしてもなかなか良くなることはありません。

そもそも肩こりってなぜ起こってしまうのかわかりますか?

そんな悩みに答えて肩こりについてまとめてみたいと思います。    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ肩こりが起こってしまうのか?その原因は?

  肩こりは筋肉痛の一種だと教わっている人が多いと思います。

確かに肩こりは筋肉痛なのですが、 肩の筋肉を使っているなんて普段は特に感じていませんよね。

そもそも人間は二足歩行であるため肩こりになりやすい生き物なのです。

二足歩行で立っている人間の肩は、 首、肩、頭を支えている大切な部位になります。

そのためほぼ常に筋肉が緊張状態になってしまい筋肉が疲れてしまいます。

その疲れにより血行が悪くなってしまったりすることにより 痺れを感じ肩が重く感じる、 それこそが肩こりとなって私たちに伝えてくれています。

特に普段歩いているだけではそれほど疲れを感じない肩が 異常に疲れを感じるのは正しい姿勢でいなかったり、

同じ姿勢のまましばらくいたりするとより肩こりを多く感じることになります。

  shi1  

例えば、 パソコンの前で長時間同じ姿勢をとっていたり、かばんの持ち手がいつも同じであったりなどが挙げられます。

また冷房の強い場所にいると、 血行が悪くなりより肩こりになりやすくなってしまうのです。    

病気が原因の肩こり

  たかが肩こりですが、甘く見てはいけません。

肩こりは長く続いていたり痛みが強かった場合、 何か病気の合図であったりします。

あまりにもひどいと感じたのであれば 一度病院に行って検査を受けるといいかもしれません。

因みに以下のような病気があります。    

心筋梗塞

  左側の肩から背中にかけて凝っている人は 心筋梗塞の恐れがあります。

また、胸にかけても痛くなってきたら必ず病院にいきましょう。    

肺がん

  特にすごく凝っているという感じではなくなかなか、 凝りが解消できないと感じた人は肺がんの恐れがあります。

あまり意識されていなくても長期間肩こりで悩んでいる人は 一度診察を受けたほうがいいかもしれません。    

胃潰瘍

  肩と胃腸ではあまり関係性がみにくいと 感じる人がいるかもしれませんが、 強い肩こりを感じるようになっているのであれば 胃潰瘍の恐れがあります。

何度ストレッチしても直らないという方は、 診察をしてもらうといいかもしれません。    

頚椎椎間板ヘルニア

  やはり肩こりから始まる病気として一番有名なのは 頚椎椎間板ヘルニアかもしれません。

肩こりから始まる病気であり、 はじめは軽度に見られがちですが後々身体が動かなくなってしまいます。

日本人のほとんどが頚椎椎間板ヘルニアの予備軍だと言われています。 気になった方は是非診察してもらってください。    

肩こりの解消方法

stretchi

  肩こりに悩むと良く行うのがストレッチだと思います。

もちろんストレッチにも効果があるのですが 実は食生活でも肩こりを解消する方法があるのです。

主に血行が悪くなることによって肩こりは引き起こされます。

そのため、血行を良くする食べ物を食べることによって 肩こりになりにくい身体を作ることができるのです。

例えば、血行を良くする食べ物の代表として 挙げられるのが「ビタミンE」ですよね。

bita-e2

大豆に多く含まれているビタミンEは 豆腐や味噌などもおすすめといえるでしょう。

ほかにも肩こりに聞くといわれている 「ビタミン」「ミネラル」が豊富なプルーンもおすすめです。

また疲労回復の効果があるのは「クエン酸」になります。

主に、レモン、グレープフルーツ、梅干などが挙げられます。

因みに梅干は直接肩にのせても効果が見られるので 試してみるといいかもしれません。

  bita-e  

血行を促進し、首・肩のつらいコリを解消してくれる

枕型のマッサージ機

まとめ

  実は肩こりの症状は日本人特有のものらしいです。

なんでも外国には肩こりという言葉がないらしく自覚症状がないため、 その感覚がないんだとか。

しかし、実際は外国の方でも肩こりになっているそうですね。

もしも肩こりがひどくなっていた場合は何かの疾患だと疑う前に 一度自分の生活を見直してみるといいかもしれません。

医学で肩こりを解消できたとしても、 結局元を断たないと肩こりはずっと続いてしまいます。

正しい姿勢で無理のない生活をするのが 一番の解消方法ということですね♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です