お酒の飲みすぎによる二日酔いと吐き気、対処法は?

忘年会、新年会・・・ 

この時期になると摂取するお酒の量は一気に増えてしまい、

二日酔いになってしまう人が増えていると思います。

でも、

なぜ普段から飲んでいるアルコールを飲みすぎると

二日酔いになってしまうのか気になりますよね。

 ということで二日酔いの原因と対処方法について

 ご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

二日酔いと吐き気、対処法

大人になると一度は経験したことがあると思われる二日酔い。

そんな二日酔いの主な症状は

やはり誰もが感じる吐き気、胸焼けです。

しかし、なぜ人はアルコールを飲むと酔ってしまうのでしょう?

そもそもアルコールは胃腸で吸収され血液に入っていきます。

そうして血液を通りアルコールが脳へ届いて細胞を麻痺させている

状態のことを「酔っている」状態になるのです。

その後アルコールは肝臓によって分解されるのですが、

そのとき働く酵素によって「アセトアルデヒド」に分解され

そうして「酢酸」に変わり

再び血液に混じり汗などになって対外に流れます。

しかしその際にアルコールを飲み過ぎるとアセトアルデヒドから

酢酸に分解されるのが間に合わなくなります。

アセトアルデヒドとは有害物質のひとつであり

タバコの煙にも含まれている物質です。

肝臓がアセトアルデヒドの分解が間に合わなくなると

その物質は血液の中で高濃度で存在することとなります。

そうなると頭痛や吐き気が起こり二日酔いと言う症状が現れるのです。

では、そうなってしまったときどのように

対処すればいいのか見ていきたいと思います。

二日酔い、吐き気などの対処法

二日酔いに効く薬が現在は存在するので

それを飲むというのもよいのですが、

一番大切なことは水分をしっかり取るということです。

suibun

アルコールには利尿作用が働きかけます。

そのためアルコールを飲みずぎると脱水症状になりやすいのです。

脱水症状にならないために何が一番大切なのかを

挙げるとそれは沢山水分を取ることになります。

そうすることによって尿と一緒にアルコールが

身体から抜けやすくなりますし

血液中のアセトアルデヒドの濃度も下がります。

また、果物を沢山食べることも良いとされています。

果物に含まれる果糖類が有効に働きかけるからです。

さらにビタミンはアルコールの分解を手伝う作用があるのです。

もしもアルコールを飲みすぎていると感じたら

果汁を飲むことによって水分と果物両方を補給できます。

因みに、

よく二日酔いにはアルコールを飲むといいと言われていますが、 それは迷信ですので試すのはやめましょう。

二日酔い時にアルコールを摂取すると酔って

感覚が楽になるので治った気になりますが

実際は悪化させているだけなので絶対にしないで下さい。 

  注) 二日酔いを即効で治したいなら、病院での点滴がおすすめです。

二日酔いに対する心構えと予防方法

接待などでアルコールを取らないと

失礼に値するという場面が出てくると思います。

そんな時にもなるべく二日酔いにならないような

飲み方をする方法をお話したいと思います。

まずは空腹時のアルコールは避けましょう。

胃に何もない状態でアルコールを飲むと

アルコールの吸収が早くなり酔いやすくなります。

まず何か食べておくことによって

吸収をゆっくりさせることが重要です。

特に脂質を含んだチーズなどの食品は

胃に膜を張ってくれるので酔いにくくなります。

他にも枝豆、豆腐、肉類などは肝臓の細胞再生の促進に

効果的なたんぱく質源となっています。

肝臓の細胞の再生を促進することにより

アルコールの分解が早くなります。

なるべく多めにとるといいかもしれません。

また、水分をしっかり取ることを忘れないようにしましょう。

上記にも記載したように、

アルコールを取ると脱水症状になる可能性があります。 

まとめ

年末年始になるとついつい勢いで

お酒を飲みすぎてしまう人が増えてしまいますよね。

だからこそ、次の日の仕事に響かないように

この二日酔いになりにくい方法をちゃんと知っておくといいかもしれません。

でも、飲みすぎはやはり良くないです。

いくら手段を知っていても

飲みすぎては二日酔いになってしまいます。

気をつけて健康的に飲みましょう♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です