美容と健康に有効な五つの厳選冬野菜!その効果と効能

m    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬野菜の効果と効能

冬の野菜といえば大根や人参ごぼうや

ほうれん草など様々な野菜がありますよね。

しかし一体どの野菜にどのような効果&効能があるのかを

知っている人はそんなに多くないと思います。

更に冬と言えば寒くなってきていることもあり、

悩みが絶えない季節でもあるんですね。

そんな冬の悩みを野菜を食べて

身体の中から改善していきませんか?

冬に効果的な野菜をいくつか挙げていきたいと思います。

ごぼう

  gobou

冬の食物繊維を挙げるのであれば

ごぼうは欠かせない野菜にあたります。

その食物繊維こそ、ついつい食べ過ぎてしまう

冬にとって肥満防止にもなるのです。

ごぼうの食物繊維は水溶性のものと不溶性のものがあり、

水溶性の食物繊維は口に含んだ脂肪とくっついて

消化吸収をさせないようにしてくれます。

また不溶性の食物繊維は腸の調子を整えてくれるので

便秘対策にもなるのです。

ごぼうの使用時の注意として挙げられるのは

「水につけてはいけない」ということです。

水につけることにより水溶性の成分は逃げてしまいます。

さらにごぼうに含まれるポリフェノールも逃げてしまうのです。

そして、もう一つの注意点が「皮をむきすぎない」ことです。

多分多くの人が行っているごぼうの皮むきはアルミホイルを

丸めてごぼうにこすり付ける方法だと思います。

これは、ごぼうの皮に含まれているポリフェノールを

捨てないためだったのです。

とにかくごぼうはダイエットに最も効果的な冬野菜なのです。

ほうれん草

  hourensou

ほうれん草は風邪対策に良いとされています。

その豊富に含まれたビタミンは野菜の中でも上位に立っています。

身体の抵抗力を強めてくれる「ビタミンA」。

皮膚や粘膜を保湿してくれる「βカロテン」。

ほかにも、

「鉄分」「ビタミンB」を豊富に含んでいるので

まさに風邪予防に最適な野菜とされています。

ほうれん草を調理する際に気をつけることは

「加熱する前に切らない」ことです。

例えば、

ゆでる際に先にほうれん草を切ってしまうと

ゆで汁の中にほうれん草の栄養素が逃げていってしまいます。

可能であれば、ほうれん草は加熱してから切るようにしましょう。

例外としてあげるのであれば、

おなべのように汁も一緒に食べる場合は

切ってから調理しても問題ありません。   

芽キャベツ

  me-kyabetu

芽キャベツは冷え性の人に効果的です。

その中に入っている「食後誘発性熱産生」には、

たんぱく質と一緒に食べることによって、

食後には身体を温める効果があります。

さらに芽キャベツに含まれている

「ビタミンB6」には

たんぱく質の消化吸収をスムーズにする働きがあるのです。

身体を食べ物の力で温めるのであればビタミンB6が

豊富に含まれた芽キャベツとたんぱく質を

一緒に食べると良いとされています。   

大根

  dai-kon

ミネラルを豊富に含んだ大根の葉は

体調不良を改善するのに良いとされています。

人の身体はミネラルやビタミンが足りなくなってしまうと

身体のバランスが崩れ倦怠感に襲われてしまうのです。

また、

大根に含まれているカルシウムには血圧を整える働きがあるので

高血圧の対策にも最適です。

気温が寒くなり外と家の中の温度の差が激しくなってくるので

重要な栄養素となります。   

ブロッコリー

  broccoli

ブロッコリーには肌荒れを抑える役割があります。

ブロッコリーに含まれる

「ビオチン」には肌の炎症を抑制し

新しい皮膚を作るのに最適なのです。

また、

冬に食べることによって夏に収穫されるものよりも

多く栄養素が含まれています。

例えば肌のしみ予防に良いとされている

「ビタミンC」は夏に比べ1.5倍に。

そして

カルシウムは4倍、

鉄分は2倍にまで増えるのです。

調理方法として推奨したいのはゆでるよりも蒸したりすると

豊富に含まれている栄養素を逃がすことなく食べることができます。 

まとめ

なにかと悩み事が尽きない冬ですが、

その悩みを解決してくれる食材は

必ずあるものです。

最近は文明の利器が発達したことにより

それほど重く感じていない人が増えていますが、

やはり身体を整えるのは内側からがいいですよね。

コタツでぬくぬくと温まっているのもいいですが、

少し野菜による効果を試してみてはいかがでしょう?

今回紹介していない野菜の中でもそれぞれが

それぞれの 効果を持っているのでぜひ調べて見てください♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です