冬太り対策 冬太りが解消できる効果的なダイエット方法

xmas    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬の食べ過ぎどうしてる?

冬になるとついつい食べ過ぎてしまいますよね。

忘年会や新年会といった飲み会も増えていきますし

体重が増える予感しかしないと思います。

しかし、だからといってその状態の自分を許せますか?

お腹が出てしまっている自分を見ても平気だと笑っていられますか?

そんな笑えない人たちのために、

冬ならではのダイエット方法を見ていきたいと思います。

冬になるとなぜか食べたくなる

まずは何故冬に沢山食べ物が食べたくなるのかを

見ていきたいと思います。

実は冬は夏に比べ消費カロリーは低いです。

しかし、基礎代謝は身体が冷たくなってしまわないように

夏に比べ高くなります。

その基礎代謝で消費する分のカロリーを摂取するために

私達は沢山食べたくなります。

そして、冬場ということもあってかついついこってりしたものを

食べ過ぎてしまう人が多いようです。

しかも、寒い冬空の下に出たくなく家で

ゴロゴロとしてしまいがちになっています。

それが追い打ちをかけて太っていく原因になっているのですね。

冬の食事

ついつい食べ過ぎたくなってしまう冬の時期。

この時期に「腹八分目の食事」といっても

守れる人ならそもそも太ることもありませんよね。

そんな守れない人は身体を温めるものを

多めに食べるといいと思います。

身体を暖めるもの、

つまり生姜や唐辛子、にんにくなどがありますが、

これらを食べることによって身体の中の脂肪燃焼率が上がります。

代謝も良くなるので持って来いです。

因みに、鍋など暖かく野菜の沢山入っているものと一緒に

食べるとより効果的になります。

是非試してみてください。

食べ過ぎたかなと感じた時のダイエット方法!

「ちょっと食べ過ぎたかな~

でもちょっとだけだしそんな気にしなくていっか」

っと言っている人はまず冬太りします。

その時は少しか食べ過ぎていなくても、

確実にそれは積み重なっていくのです。

もし少し食べ過ぎたなと感じた場合、

次の日の食事は量を少しだけ控えて食べましょう。

そうすることによって、そもそものカロリー摂取量が少なくなります。

そして、前日の食べ過ぎを少しだけカバーするということです。

因みに、その中でも食べたほうがいい食材が有ります。

まずは海藻類です。

kaisou

海藻類には身体に溜まってしまった不純物を

排出してくれる働きがあります。

海藻類を食べることによって前日に食べて増えてしまった

脂質も身体の外に出してくれます。

そうしてを忘れてはいけません。

mame

豆にはタンパク質が豊富に入っています。

私達がタンパク質源によく食べる物といったらお肉なのですが、

お肉は高カロリーなので、出来れば豆を食べて

カバーするといいかもしれません。

絶対に忘れてはいけないのが

根菜類になります。

konsai

根菜類には豊富な食物繊維が沢山入っています。

そのため、

温野菜にして食べれば身体を温め基礎代謝を

あげてくれる役割もあるのです。

食べ物だけ気をつければいいというわけではありません。

動くことも忘れないで下さい。

それは無理して身体を動かすのとは違います。

ほんの少し気づいた時だけでいいのでちょこっとだけ

足をあげてみたり散歩をするだけでも十分です。

まとめ

冬になるとついつい食べ過ぎてしまいますが、

上に書いたようなちょっとした対策でも十分ためになります。

もし、

冬にいつも太ってしまう人は覚えておくといいかもしれませんね。

冬の食べ物を美味しく楽しく食べて

翌日気をつけるというのもいいかもしれません。

ただし、

それがクセになった身体はなかなか痩せにくくなってしまうので、

限度を考えて食べましょうね♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です