アレルギーの原因とは? アレルギーの治療法 減感作療法とは?

fp    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アレルギーになる原因と症状、治療法

アレルギー大国とまで呼ばれている日本ですが、

一体何故こんなにもアレルギーが多いのか気になりませんか?

日本人の体質と言ってしまえばそれで終わりなのですが、 どのような成分が日本人を困らせているのか気になりますよね?

また、どうしてアレルギーになってしまうのか。 詳細にお伝えしていきたいと思います。

アレルギーの原因

  アレルギーに正確な原因はありません。 というよりもまだ全て解明されていないというのが正しいです。

アレルギーはその人の身体の中でアレルゲン

外に追い出そうと抗体が働き過ぎた場合によって起こります。

その働き過ぎてしまった抗体によって害の無いはずの

食べ物などにも反応してしまうのです。

因みに、子供の時のほうがアレルギーが多い理由として

挙げられる理由はアレルゲンに対する抗体が

上手く働くことが出来ないからと考えられます。

そのため、離乳食を始めてから3歳ごろまでは

アレルギーに気をつけながら食べ物を与えなくてはなりません。

因みに遺伝が原因であるという話も確かにありますが、

正確には分かっていません。

しかし、確かに親がアレルギー体質であれば、

お子さんもアレルギーになりやすい

傾向はあるので気を付けなくてはいけません。

kenkou    

こういう症状が出たらアレルギーかも

  少しでもアレルギーかもと思ったのであれば

病院に行って検査を受けることがいいと思います。

特に幼い子の場合は、 酷い場合もあるのですみやかに行くことをお勧めします。

一般的に一番知られている原因ははやり蕁麻疹だと思います。

この症状が出たらまずアレルギーで間違いありません。

症状が軽い場合は放って置いても構いませんが、

ひどい場合は病院に行って薬を処方してもらうといいと思います。

他にも花粉症の症状で有名なのが目のかゆみや鼻水です。 こちらも一般的なアレルギーの症状となっています。

下痢、腹痛などがあり酷いものですと

呼吸困難になってしまうことも有ります。

一般的にアレルギーを軽く見る人は結構いますが

酷いものですと一口食べただけでも死んでしまう人もいます。

アレルギーを軽視せず気になったら病院に行きましょう。

今はアレルギーチェックを行ってくれる所もあるので

一度試してみるといいかもしれません。

kenkou2

アレルギーの治療法 減感作療法とは?

  アレルギーに正しい治療法というのは正直分かっていません。

しかし、今まで行われていた治療法としてあげられるものは

「減感作療法」というものです。

これは短期間の内に沢山のアレルゲンを摂取し

身体に慣らしていくというものです。 しかし、

デメリットとして挙げられる内容はとても時間がかかることです。

身体がそのアレルゲンになれるまでに

最低でも2年かかると言われています。

その間常にアレルギー症状に見舞われなくてはいけません。

食べ物ですと、 その食べ物を食べないという方法で今まで対処してきました。 特に食べ物ですと大きくなるに連れて身体が変わり アレルギーが起こらなくなるという変化があることから

考えられているものです。

しかし、現在では先程の減感作療法とよく似た

「急速飽和免疫療法」が行われる場合も有ります。

この方法は医師の指示でアレルゲンを摂取し 身体に慣れさせるという方法です。

減感作療法同様期間がかかってしまいます。

まとめ

結果的にアレルギーを避ける正確な方法は見つかっておりません。

しかし、子供の頃に最低限気をつけることによって

食べ物のアレルギーは避ける事が出来ます。

更に、人間の身体は成長するにつれて変わっていくので

いつの間にかアレルギーにならないという例も多々有ります。

アレルギーだからと落ち込まないで 気長に付き合っていくことが大切なのかもしれません♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です