水虫を防ぐ方法は?原因と治し方を調べてみた!

  sea    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水虫の原因や症状・治療 水虫を防ぐ方法

  男性がなりやすいというイメージのある水虫ですが、

当然女性にも感染してしまいます。 しかし、

一般的に水虫に罹るというのは 「汚い」というイメージがついてしまっていることから 女性は中々打ち明けられないのです。

しかし、その汚いというようなイメージをもっている水虫は 一体何故かかってしまうのでしょう?

そんな水虫について見ていきたいと思います。

水虫の原因

  athlete4

白癖菌というのが水虫の原因となっている菌です。

そもそも、水虫とはこの菌が皮膚に寄生することによっておこります。

ですので、実は水虫とは足だけではなく手や頭に出来てしまっても 全くおかしくないのです。

  人間の皮膚の中でもあえてこの菌が足を選ぶのは、

菌が繁殖する条件である高い湿度が 一日中靴を履いていた足には備わってしまうからです。   一日中靴を履いている足ということでわかると思いますが、 女性が水虫になりにくいと思われていたのは男性と違って 一日中靴を履いている様な環境が少なかったからといえます。  

しかし、最近では仕事をしている女性が増えており、 靴を一日中履いている人が増えました。 それにより、女性の中にも水虫になる人が増えてしまっているのです。    

水虫の症状が出たときの対処法

athlete

水虫の症状が出てしまったら一番良いのは皮膚科に行くことです。 白癖菌とは何十種類もあり、水虫の症状も1つではありません。

そのなってしまった症状に適合した薬を 選ばなければ治りが遅くなってしまうのです。

  しかし、素人には水虫を見極める事なんて出来ません。

適当に薬屋さんに行って水虫の薬を買っても確実に治るとは限りません。

だからこそ、ちゃんと皮膚科に行って水虫の様子を見てもらい、 その水虫にあった薬を処方してもらうのが一番なのです。   因みに、水虫は放置していても治りません。

もしくは余計に大きくなってしまい、 足を切り落とさなければならない可能性もあります。

  水虫の症状が出てしまったら 恥ずかしくてもちゃんと病院に行くようにしましょう。  

水虫を防ぐ方法

athlete3

水虫の対策として一番有効なのが帰宅したらまず足を洗うことです。

そうすることにより、 たとえ足に菌が繁殖してしまっていてもあらい流すことができるからです。

菌をなくしてしまえば無い菌は繁殖することが出来ないということです。  

そして足を洗った後にはきちんと乾燥させることが大切です。

せっかく足を洗っても乾いてなければ 再び菌が付着して繁殖させてしまう恐れが高くなります。

  出来る限り、洗い終わった足はきちんと乾かす

ようにしましょう。

帰ってからの足のケアも大切ですが、 毎日履く靴を変えることによっても対策になります。

  選ぶ靴はなるべく通気性の良い物を選びましょう。

  そして、 1足を毎日履くのではなく何足か買って交互に履くようにして下さい。  

そうすることによって履いていない日にその靴は

自分で必要以上に湿気を溜めてしまうことはないので、

水虫の心配が少し減ります。  

水虫は感染するものなので肌に直接触れるものは

他人とは別に用意するようにしましょう。

  例えば、スリッパやバスタオルなど 特に湿度のたまりやすいものは尚更です。  

まとめ

  水虫についての内容でしたがいかがでしたか?

空気が乾燥している冬でも靴の中は高湿度になってしまうので、

余裕を見ていると痛い目にあってしまう可能性があるので気をつけてください。

水虫は感染るものなので、注意が必要です♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です