膀胱炎の原因と症状 膀胱炎にならないための予防方法

  bou    

以外に患っている人が多い「膀胱炎」

膀胱炎になってしまうとなんだか恥ずかしい気持ちになってしまい

中々打ち明けられない人が多いのではないでしょうか?  

特に、膀胱炎は女性に患いやすいので打ち明ける人は少ないです。

しかし、いざ膀胱炎になってしまうと辛いものがありますよね。  

では、そんな女性の悩みの1つでもある膀胱炎について

見ていきたいと思います。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク

膀胱炎の原因と予防方法

膀胱炎の原因

 膀胱炎と言っても一般的な膀胱炎とは

急性膀胱炎のことを言っています。  

膀胱炎自体は肛門に異常を感じる症状のひとが多いのですが、

実際に膀胱炎と言うのは大腸菌が原因によるものでした。  

きっかけは尿道から細菌が感染していき、 大腸へと移り大腸菌となり膀胱炎を引き起こしていたのです。  

この時、男性よりも女性のほうが尿道から大腸までの距離が

短いことから女性の方が膀胱炎になりやすいと言われています。  

主な原因として挙げられるのはストレスです。  

特に長時間トイレを我慢していたりすると

膀胱炎を誘発することになります。  

その他に原因としてあげられるものは、

過労や性行為などがあります。 

膀胱炎の症状

  bladder  

膀胱炎の症状で一番有名なのが「頻尿」です。  

その名の通り、トイレが近くなってしまう症状です。

更に、排尿をする際に急激な痛みを感じてしまったりもするのです。  

ここまでが、一般的に知られている膀胱炎の症状だと思います。  

他の症状は、腹痛や血尿をするようになったりもします。

更に、ひどくなると発熱や腎臓に

炎症が起こってしまっている可能性もあるのです。   



膀胱炎になってしまったら

もしも膀胱炎になったと疑いがあった場合には病院に行きましょう。

そして、もちろん処方された薬をきちんと飲むのは大切ですが、

もしも病院に行きたくないと考える人にご説明したいと思います。

まずは、お水(水分)を沢山飲むようにしましょう。

suibun

そうすることにより尿の量が増え身体の菌を外に追いやっていきます。

お水に抵抗のあるかたはスポーツドリンクでもOKです。

po1

そして、膀胱炎の原因ともなっている疲労やストレスは避けて生活しましょう。

ストレスは、体内のバランスが安定せず症状が治りにくくなります。 

膀胱炎にならないための予防方法

 膀胱炎は肛門が不潔であることから発症してしまう病気です。

そのため、常に肛門を清潔に保つことが重要となります。 

 例えば、放尿した後はきちんとおしりを拭く

といった簡単なことからはじめましょう。  

そして、水分をしっかり摂取することも大切です。

水分摂取をきちんとすることによってトイレが近くなり、

菌が肛門にたまりにくくなります。  

つまり、「肛門を常に清潔にしておき、水分摂取をしっかりする」

ことで膀胱炎になりにくくなり予防できるのです。

まとめ

あまり、患ったことがあるという話を聞くことが無い膀胱炎ですが、

実際に掛かってしまうと、意外に苦労してしまう病気でもあります。  

膀胱炎そのものは命に関わるものではないのですが

あまり、患いたくない病気です。  

自分は大丈夫と油断しているともしかしたら

膀胱炎になってしまうかもしれないので気をつけて下さい♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です