生理痛を和らげる3つの方法と有効な食べ物

  siroihana    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生理痛を和らげる方法と食べ物

  女性であれば必ず起こる生理について、 いつも困っている人が多いのではないでしょうか?

生理痛がひどい人は立ってられないほど痛いと聞きますし、 食べるものにも気を付けなければなりません。

そんな悩める生理について少しでも楽に生活したいですよね。 今回は生理の悩みについてお伝えしていきます。

生理痛はなぜ起きるの? 生理痛の原因について・・・

  生理の現象についてほとんどの女性が知っていると思いますが、 では生理痛が何故起こってしまうのか知っていますか?

生理がくるから生理痛になってしまうのですが、 生理痛の原理とはどうなっているのでしょう。

生理痛のメカニズム

生理痛とは、卵子がくっつくために用意された卵巣が 子宮から剥がれていく痛みのことを指しています。

女性の身体の中では約28日の周期で卵巣が作り替えられています。

卵巣では女性が出す卵子を守り そこに精子と結ばれた時のための準備が毎回行われているのです。

そして、精子が卵子の死んでしまう前に訪れなかった場合、 卵巣は剥がれ生理が来ます。   その剥がれた痛みこそ生理痛なのです。

生理痛を和らげる3つの方法

  生理痛の痛みは人によってそれぞれですが、 本当に痛い人はかなり痛いみたいですね。

では、その痛みを和らげる方法を幾つか説明したいと思います。

❶ お腹とおしりを温める

一般的に一番知られている方法ですね。

お腹とおしりを温めることにより 女性ホルモンのエストロゲンの働きを強める効果があります。

そのエストロゲンが働くことにより生理痛は軽くなるのです。

menstruation2

❷ おしりをマッサージする

おしりと言っても尾骶骨のやや下の部分を 軽くオイルを使って円を描くようにマッサージするといいでしょう。

そうする事により心もリラックスできる上に 温める事もできるので生理痛も治まってきます。

❸ ブリッジ(ストレッチ)をする

なんで?っと思う人は多いと思いますが、 ブリッジをすることによってお腹の血流を良くなり、 生理になっても生理痛が辛く感じにくくなります。

因みに、生理ではない時にも行うのが効果的です。

menstruation3  

生理痛を和らげるのに有効な食べ物

  生理の時は血液が足りなくなるので、 「鉄分を多めに摂ろう」というのが一般的な意見だと思います。

それはもちろんなのですが、 生理痛に効く食べ物は他にもあるのです。

その代表とも言えるのが「グレープフルーツ」です。

grapfruit

グレープフルーツには大量のクエン酸が含まれており 血液をサラサラにしてくれる効果があります。

そして、血液をサラサラにすることによって 生理痛の痛みが殆どなくなってしまうのです。  

逆に、血液をどろどろにしてしまう食べ物はNGです。  

例えば脂質の多いマーガリンやスナック菓子、 ヨーグルトなどの乳製品は血液をどろどろにしてしまうので、 生理中には食べないようにしましょう。  

因みに、 飲み物ですとハーブティーや温かい豆乳などがおすすめです。

  逆に糖分の多い飲み物は避けましょう。    

まとめ

  生理痛は女性の大きな悩みといえるでしょう。  

年を取ると生理そのものがなくなってしまうので、 我慢すればいいと思ってしまいますが、 それでは現在の自分に大きな負担がかかってしまいます。  

生理痛を和らげて少しでも楽になる方法を知っておいていつもと変わらず元気に生活出来たらいいですね♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です