ムダ毛処理方法 ムダ毛処理後の肌トラブル対策

muda-ke7    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ムダ毛処理ってどうやって改善する!?

  夏でも冬でもやはり気になってしまうのがムダ毛の処理方法。

最近では永久脱毛や脱毛サロンによる脱毛などが流行っていますが、 不安で出来ないという人もいるのではないでしょうか?

しかし、カミソリや毛抜きで処理をしようとすると どうしても肌に刺激を与えてしまいます。   では、ムダ毛の処理について見ていきましょう。  

カミソリで処理 肌トラブル対策

  muda-ke2  

カミソリでムダ毛の処理をするのは簡単ですが、 黒っぽくなってしまうというのが難点ですよね。   その黒っぽくなってしまう原因は カミソリの刃が肌に刺激を与えているからなのです。  

肌に刺激を与えてしまうことにより 色素沈着が起こり所々黒っぽくなってしまうのが特徴です。  

muda-ke8

muda-ke10

では、どうすれば良いのでしょうか?

カミソリで処理をする場合にはボディクリームやワセリンを

  muda-ke6

  まずその部分に塗ってから処理しましょう。

  そうすることにより、刃が直接肌に触れることなく 刺激を最低限にまで抑えることが出来ます。  

また、肌に刺激をどうしても与えてしまうので、 炎症が起こってしまう可能性も十分にあるといえるでしょう。  

そんな時は濡れタオルでその部分を抑えることによって 炎症を抑えつつ、保湿効果にもなります。    

毛抜きで処理したら毛が埋まる!?

  muda-ke3

  カミソリは簡単に処理できますが、 直ぐに新しい毛が生えてきてしまうというのが難点でもあります。  

そしてその点では毛抜きを使えばカミソリよりは ムダ毛の生えてくる期間を伸ばすことが出来ます。

  しかし、毛抜きは新しい毛が生えてくる時に 皮膚の下に毛が埋まってしまうことがあるのです。  

muda-ke9 muda-ke11

  正直それは、見栄えが悪いですよね。 では、どうしたら良いのでしょう?   毛が埋まってしまう理由は肌が乾燥しているからです。  

完走してしまった肌が一番外側の肌を固くし 新しく生えてくる毛の邪魔をしています。

  そのため、毛は肌の外に出ることが出来ず 皮膚の下で伸びてしまっているのです。   そうならないためには、毎日の肌のケアが必要です。   毎日お風呂あがりにでも 保湿クリームを肌に塗ることによって肌の乾燥が防げます。  

  muda-ke5  

  また、処理の後に蒸しタオルを当てると 肌に余計な刺激を与えなくて済みます。    

除毛クリームによるムダ毛処理は肌が荒れる?

  これは、全ての人がというわけではありません。  

肌が敏感な人は除毛クリームの刺激に耐えられず 赤く炎症を起こしてしまうのです。  

もしも、万が一炎症を起こしてしまった場合は、 直ぐにクリームを洗い流し冷やすようにしましょう。  

  muda-ke4

  除毛クリームによって炎症を起こしてしまう対策方法はありません。  

もしも、炎症を起こしてしまうのであれば、 その除毛クリームは以後使わないようにしましょう。  

それでも、除毛クリームにこだわるのであれば、 自分に合った除毛クリームを見つけて使うようにしましょう。  

まとめ

  ムダ毛の処理方法とデメリット、

そしてそのデメリットを防ぐための対策方法を ご説明しましたがどうでしたか?   ムダ毛処理と言うのは女性なら 絶対に欠かせない行動の1つですよね。

  そして、最近では男性もムダ毛について 気になっている人が多いようです。   ムダ毛処理の方法は沢山ありますが、 肌に悪い影響がないように気をつけて行うようにしましょう♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です