ほうれい線の消し方 原因と対策

hourei-sen8    

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くっきり見えるようになってしまったほうれい線を消す方法

年をとるとどんどん気になってくる肌の悩みの一つに 「ほうれい線」があります。  

みなさんはほうれい線を「もう年だから」といって諦めていませんか? 実はほうれい線を見えにくくするための方法があるんです。

今回は、ほうれい線を消す方法をお伝えいたします。

ほうれい線は何故できてしまうのか?

  ほうれい線を消すためには、 まずほうれい線について知る必要があります。

ほうれい線とは鼻のあたりからくちの口角に向かって 出来る溝のようなシワのことを指しているのですが、 このほうれい線ができてしまうのにはちゃんとした原因があります。

決して、年と関係ないとは言い切れませんが、 年齢のせいだけではないことをお話ししましょう。

ほうれい線は年を取ることによってできる皮膚のたるみから できてしまうものが年齢によって浮かび上がってしまうほうれい線です。

しかし、皮膚がそんなにたるんでいないはずの 20代30代の人にもほうれい線が浮かんでいる人がいますよね。

それはストレス睡眠不足水分不足乾燥や紫外線があげられます。

身体の調子が悪くなると血液の循環が悪くなり 老廃物が溜まってしまいます。 それが皮膚をたるませる原因にもなってしまうのです。

また、乾燥や紫外線により肌の水分が損なわれてしまったり、 潤いのある肌に必要な栄養素のコラーゲンやエラスティンが 足りなくなってくると、ピーンとしたハリがなくなり、 皮膚の重みを支えきれなくなって、たるみが発生してくるのです。

それらが、ほうれい線の原因と言えるでしょう。

では、どうすればほうれい線は目立たなくなるのでしょうか?  

ほうれい線の消し方

  1回できてしまったほうれい線を消すことは実は少しむずかしいです。

1回たるんでしまった皮膚は元のハリを出すために 水分やコラーゲンを必要とします。そして、皮膚を支えていた顔の筋肉も鍛えなくてはいけません。

ほうれい線ができてしまった場合にはまず、 生活を整えて気持ちのいい毎日を送れるようにするのが重要です。そうすることによってホルモンバランスが整えられ 老廃物を溜めないようになります。

そして、顔のリンパマッサージをしましょう。

hourei-sen7

リンパマッサージすることによって 一度できてしまったほうれい線の跡を薄くすることができます。

一度できてしまったほうれい線の跡は 中々消えてはくれないので毎日繰り返し行う事が大切です。

また、口の内部、舌による作業も有効です。 舌で上の横部分をググーっと押し上げる、くるくる回す これの繰り返し運動。

そうすることによって、血液の循環を促してよくなり、 凝り固まったほうれい線を軟化することができます。

また、 歯ブラシで内部上の横部分を ググーっと押し上げる、くるくる回す。

hourei-sen2

  くわえて吸う

hourei-sen3

 押し上げる

hourei-sen4

伸ばす

hourei-sen5  

水圧の力を利用しましょう。 歯磨きの最後に水でクチュクチュやりますよね?

ugai1

そのときに、水を左右にググーっと押す運動も有効です。

次に顔の筋肉を鍛えるということですが、 顔の筋肉を鍛えると言っても何をすればいいのかわかりませんよね。 そんな時は笑顔になりましょう。

hourei-sen6

笑顔でいるということは実はかなり顔の筋肉を使っています。   とは言え、ずっと笑顔でいると笑顔がシワの原因になってしまうので、 顔をほぐしながら笑う事が大切です。

また、笑うことによって気分も楽になりストレス解消にもつながります。   先ほど挙げたマッサージや生活管理も、 とても大切なのですがやはり一番の解決方法は笑顔でいることだと思います。  

まとめ

年齢によって水分がなくなってしまったり 筋力が低下してしまってほうれい線が浮かびやすくなってきます。

そのせいもあって、年をとったから仕方ないと考えられがちですが、 ちゃんと対処法はあるのです。

年齢を言い訳にあきらめないで、 いつまでも若々しい素肌でいきましょう!

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です