鼻の黒ずみ・角栓を解消する手入れ方法

hana1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鼻の黒ずみ・角栓の手入れ方法

  顔の毛穴が目立ってくるとなんだか、 女性としての力が落ちてきたのではないかと 自分自身で思ってしまうのではないでしょうか?

特に鼻の上にできてしまう毛穴の黒ずみは 人目がいきやすく広がりやすいので非常に気になってしまいますよね。

そんな悩んでいる人のために、 鼻の黒ずみ・角栓を解消する手入れ方法 を見ていきたいと思います。

鼻の黒ずみの正体とは?

鼻の黒ずみの正体は 肌の残留角質や汚れ+余剰皮脂が混ざり合って できる角栓というものです。

hana3

さらに、角栓は時間の経過とともに酸化して黒くなります。 これが鼻の黒ずみの正体です。

度を越えた量の皮脂がたまってしまうことによってできてしまい、 特に鼻は皮脂がたまりやすいことから目立ってしまいがちです。

それに化粧剤(ファンデーションなど)や垢や汚れ 古くなった残留角質などが混ざっていき固まっていくのです。

毛穴に一度入ってしまった角栓はどんなに丁寧に洗顔をしても 中々とれるものではありません。

それは、広がった毛穴に皮脂・残留角質が入っているので、 毛穴の奥の部分までしっかりと詰まっているからです。

しかし、毛穴パックでいざ綺麗にしても、 後処理が丁寧に行われていないと 結局数日で再び毛穴が角栓で詰まります。

hana2

では、一体どうすればこの角栓はできにくくなるのでしょうか?

角栓の手入れ方法

  メイクで隠してしまう人が多いですが、基本的にこれはNGです。 メイクで隠すことによってどんどん角栓が根付いてしまいます。

では、どうすれば目立たなくなるのでしょうか?

それは、洗顔と化粧水をしっかり行うことにあります。   洗顔の前に蒸しタオルを顔に当てることによって 肌が柔らかくなり毛穴が広がりやすくなります。

hana5

「そんな当たり前のこと今更」と思う人はいると思いますが、 添加物や油分の少ない固形石鹸での洗顔は

hana4

毛穴を広げて汚れを落とすことに最適です。 そして、化粧水には肌をきれいにし、 毛穴を閉じることができるのです。

もちろん、 毛穴パックを行った後には毛穴が開いている状態なので、 きちんとケアをしなくてはだめです。    

気を付けよう毛穴パックの短所

  毛穴パックシートの粘着剤が毛穴パックシートを剥がすときに、 皮膚のバリア機能が働く角質層までも丸ごとゴッソリ剥がしてしまい 肌そのものに、潤いを失ってしまいダメージを与えることになります。

さらに毛穴を閉じるどころか 毛穴が開いたままになっている状態になるので、 新たな汚れが詰まっていき、更なる黒ずみの原因になります。

洗い流すタイプのほうがまだましですけど、 肌へのダメージの可能性はありますので注意が必要です。

その他の原因

  毛穴の汚れというのは残念ながら年齢によっても開きやすくなり、 汚れてしまいがちになっています。

それは、年齢をとることにより、 体全体の水分が少なくなっているので簡単に毛穴が開いてしまうのです。

また、肌の油も落ちているので、 カサカサのお肌になってしまっているでしょう。  

まとめ

  いかがでしたでしょうか?

女性がいつも苦労している鼻の毛穴について見ていきました。

最近では毛穴の汚れを落とすための ケア商品が多く販売されていますね。

しかし、どれもちゃんと続けなくては 効果が期待できない商品の可能性が高いです。

もちろん、あまりに毛穴汚れがひどくなってきた場合には 使ってもいいと思いますが、

そのケア商品を使って きれいになったからといって満足せず、毎日の洗顔を少しだけ 気を付けておこなうといいと思います♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です