初日の出を見るための睡眠対策

asahi

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初日の出を見るための早朝起床と睡眠対策

  正月といえばやはり初日の出が見たくなりますよね。

しかし、前日は大晦日です。   誰もがついつい夜更かしをしたくなる日です。

そうなると朝早く起きて初日の出を見るなんて夢のまた夢。

ということで、 そんな人のために初日の出を見るためのポイントを挙げてみましょう。

見たい番組は録画で見る

hatu2

大晦日に起きている人の殆どがテレビ番組なのではないでしょうか?

除夜の鐘が聞きたくて起きている人なんてそうそういませんよね。

そんな人はリアルタイムで観るのを諦めて録画で見ましょう。</span

>そして、早めに寝ます。早過ぎると中々寝るけない可能性が出てくるので、 寝やすい環境を作ることも大切です。

例えば、寝る前にホットミルクを飲んだり、

hatu5

部屋を暖めて置いたりといったことですね。 そうすれば、早めに寝ることも可能ですし、 当然朝早くに起きて初日の出を観ることもできます。

新年のカウントダウンが楽しみなの!! っという人は次に行ってみましょう。

その日は徹夜する

  正直あまり勧めたくありませんが 正月だからということで夜更かししてしまうのもいいかもしれません。

しかし、長時間起きているというのは相当難しいです。   ですので、大晦日の朝はかなり遅くに起きたり、 昼に軽く仮眠を取るのもいいかもしれません。

そうすれば、カウントダウンの時間に大盛り上がりしてから、 初日の出を見る事ができます。

更に生活習慣が崩れてほしくないからキチンと寝たいけど、 カウントダウンも初日の出も取りたいという人は次の項目を御覧ください。

仮眠を取る

hatu3

仮眠をとると言ってもついついそのまま寝てしまうということは よくあることだと思います。 では、どうすればキチンと起きれるかを考えましょう。

1つは熟睡できない環境を作ることです。

人間疲れすぎてしまえば勝手に寝てしまいます。   しかし、疲れて眠ると熟睡してしまう可能性がありますよね。   ですので、ちょっと無茶として、部屋を少しだけ寒くしておくのです。

そうすることで、 人には熟睡するレム睡眠と熟睡していない状態の ノンレム睡眠が交互に来るのですが、 ノンレム睡眠の時にあまりの寒さに目が覚めてしまうでしょう。

hatu4

特に正月は寒いので効果があると思います。

ここで注意です。 確実に起きようとするのはいいのですが、 限度を忘れないようにしましょう。

あまりの寒さに眠れなくなっては意味がありません。 加減を理解しタイマーをセットしておくといいかもしれません。

hatu6 hatu7

まとめ

  正直健康面の事を考えると やはり早めに寝て欲しいと思ってしまいます。

しかし、それでも後者の2つを選んで行った人は、 初日の出と見た後もしっかりと身体を休ませて下さい。

1日2日で身体のバランスはどうこうなるものではないので、 正月のみに夜更かしをするのは「ダメ」とは言いません。

しかし、もしかしたら癖になるかもしれないので、 その点だけ気をつけてくれたらと思います♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です