朝起きれない!対策方法は? とっておき3つの対策!

  sea3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝起きれない対策

  GW・お盆休み・正月などの連休にのんびり生活をしすぎて、

いざ連休が開けても急には元の生活に戻ることは中々できませんよね。

そして、そのまま遅刻なんてことがありえてしまうかもしれません。

そんな人のためにキチンと起きるための方法を 寝る前・寝ている時の部屋の状態・起きる時 の対策を 3つに分けてお伝えしていこうと思います。

対策1

寝る前の生活習慣を見直す

何よりも寝るときにはリラックス睡眠から、 やがてぐっすり深い睡眠できればいいですけど なによりちゃんと眠れなくては意味がありません。

ちゃんと寝る為に好ましい時間はお風呂あがりの約30分後の時間です。

relaxation2

これは、ちゃんと身体をぽかぽかさせることによって 気持が穏やかになり、すんなり眠りに入ることができるようにということです。

しかし、お風呂から出たばかりに寝ようとしても中々眠れません。

ですので、気持ちが落ち着きだした30分後が一番ベストだと言えるでしょう。

そして、お布団は暖めておきましょう。   せっかく身体を暖めて寝ようとしているのに お布団が冷たくては身体がこわばり緊張状態になってしまいます。

そうならないためにも、電気アンカや電気毛布など

denki-mouf

なんでも構いませんので温めておくことにしましょう。

因みに、早く起きなくてはいけないのですが 「早く起きなきゃ」と自分に暗示をかけるのはやめましょう。

自分に暗示をかけてしまうと、緊張して 逆に心に与えるプレッシャーから跳ね返ってしまい よけい緊張して眠れなくなってしまいます。

また、日常生活上での考え事や心配事なども、 寝る間際には、心から外しましょう。

リラックスした気分で楽しくなるような瞑想に浸りましょう。

どうしても眠れない人は ホットミルク

sleep4

カモミール

sleep3

ハーブティーを飲むことをおすすめします。

心が落ち着き睡眠導入剤の役割を果たしてくれます。

対策2

寝ている間 部屋の状態

寝ている時の部屋はそこまで暖かくなくても構いません。

しかし、睡眠に入るためには暖かいほうがいいので、 タイマーなどをかけてエアコン

air-con

をつけているといいでしょう。

そして、カーテンは開けておきましょう。

mado

部屋に朝日が入ってくることで眩しくて目が覚めやすくなります。

これで朝起きるための準備が出来上がりました。 あとは、寝て朝を待つだけです。

対策3 

朝起きたら

  目覚ましが鳴り、止めてついつい2度寝をするというのは、

一般的な朝寝坊の光景です。

しかし、そこは眠いのをこらえて、まず状態を起こします。  

kishou  

ベットの上に座る状態でも構いません。 とにかく、頭を枕から離すことが大切です。  

そうすることで自然に頭が冴えてくるので、 自然に目が覚めてくるのです。

ベットが暖かいからといってくるまっているままではいけませんよ?

その後、動ける程度に回復をしたのであれば 身体を動かし顔を洗いに行きましょう。   いきなり冷たい水で洗うと目ははっきり覚めるのですが、 それでは身体がびっくりして心筋梗塞になってしまう可能性があります。

なるべくぬるま湯で顔を洗い、  

sen-gan  

スッキリした朝を迎えましょう。 因みに、着る服も暖めて置いてから着ると ストレスのない素敵な気持ちで仕事に向かうことができます。

まとめ

  今回は「朝起きれない」という方への対策方法として 寝る前のとっておき裏技を説明しました。

因みにこの方法は普段の日常生活でもちろん使えます。

寝起きの悪いお子さんや、お父さんに使うと お母さん的には少しだけ手が空くのではないでしょうか♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です