風邪の予防に有効な3つの栄養素と食べ物

hana    

空気の乾燥や気温が下がってくると怖いのが風邪の存在。 お子さんがいる方なんて、 かなり気をつけて風邪予防策を行っているのでは無いでしょうか?

uir

空気中にほぼ常に存在する風邪ウィルス。

では、そんなウィルスを身体に入れない方法なんてあるのでしょうか?

実際の話しをするのであれば確実にはほとんど無いと言ってもいいでしょう。

マスクをしても限界があります。 だからこそ、 外に沢山存在するウィルスを家にまで持ち込まないように

u-t

うがいや手洗いはかなり大切なんです。

また、空気が乾燥してくると、 ウィルスにとっては絶好の環境と言えます。

空気が乾燥することによって 長時間空気中を飛び回る事ができてしまうウィルスは 人のより長い時間動いてられることから、 人の体に入りやすくなります。

だからこそ、風邪の予防が大切になります。 では、風邪予防に有効な栄養素・食べ物とはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風邪を予防するための3つの栄養素と食べ物

先程も挙げたうがいや手洗いは 当然皆さんが知っている風邪予防となっています。

しかし、外部からウィルスを取り込まないだけでは風邪予防は足りません。

身体の中からウィルスを追い出すくらいの栄養を普段から取り入れることが大切です。

そのため風邪の予防に摂取してもらいたい3つの栄養素は

❶ タンパク質

ta

❷ ビタミンC

b-c

❸ ビタミンA

b-a

この3つの栄養素たちはウィルスが付着しやすい粘膜を 強くしてくれる働きや身体の免疫力を強くしてくれる栄養素です。

では、どんな食べ物が上の栄養素を多く含んでいるのでしょうか?

「タンパク質」で思い浮かべるのは、 ほとんど人がお肉をイメージするのではないでしょうか?   でもそれは間違っていません。

実際にお肉の中にタンパク質は豊富に含まれています。 そして、肉の中でも特にタンパク質を含んでいるのが 鶏のささみ・胸肉・豚のヒレ・モモ等が挙げられます。

特に豚肉にはビタミンBも豊富なので 食べると疲労回復にもつながります。 ビタミンCが多く含まれているのはレモンや、 蜜柑を想像する人が多いと思います。

しかし、 単品で蜜柑を大量に食べるのもなんだか辛いものがありますよね。

ビタミンCが豊富に含まれている野菜は パプリカが代表として挙げられると思います。 なんと、ピーマンの2倍ものビタミンCが含まれているのです。

ビタミンAはカロテンが身体の中でビタミンAに変わるので カロテンの豊富なものを挙げていきましょう。

カロテンの豊富な野菜として絶対に忘れられないのが人参です。

カロテンの含有量のみを見るのであれば 野菜の中で一番とも言えるでしょう。

また、ニラなどにも豊富なカロテンが含まれています。

因みに栄養価の高い野菜として忘れられないのが「モロヘイヤ」です。

カロテン、ビタミンCはもちろんビタミンEも豊富に含まれているので、 料理にちょっと使うだけでも風邪予防料理となります。    

風邪を引いてしまったら

  もし、風邪を引いてしまったのであれば 免疫力を付けるためにはまず睡眠です。

suimin

もちろん身体を暖めることも大切です。

そうして、身体の中の免疫力を高めてウィルスを やっつけると言うのが基本的な対処法ですよね。

そして、お水を沢山飲むことが大切なんです。

suibun

体の体温が上がってきていまうため体温を冷ましてあげなくては 温度が上がりすぎて身体そのが持たなくなってしまいます。

また、汗をかくので体内の 水分量が不足してしまうのです。 そのため、 お水を飲むことを絶対に忘れてはいけません。

まとめ

  今回のレポートはいかがでしたか? 風邪を予防するために有効な3つの栄養素と食べ物を挙げていきましたけど、 みなさんはキチンと食べれそうですか?

もしかしたら、苦手な食べ物もあるかもしれませんが、 強い体を手に入れるためと考え、キチンと食べるようにしましょう。

また、薬を食べて安心している人が多いともいますが、 薬は症状を抑えるためのものであって、 風邪を治す役目ではありません。

薬を呑んでからも、 キチンと睡眠を取って休むようにして 風邪をしっかり治しましょう♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です