寝相が悪い! 恋人・結婚相手に言われた? 原因と改善策

nezou1  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寝相が悪い! 恋人・結婚相手に言われた?

1人だと普段気にしていない人も多い寝相。

しかし、

1人で寝ているときは気楽でも友達とお泊りした時や、

恋人・結婚相手と一緒に寝ることになった時に、

寝相が悪い!

なんて、恋人&結婚相手に言われたりして、

相手の人に迷惑をかけるのではないかと思い

やばいかな~なんて不安になるときってありませんか?

そんな人の為に寝相について

原因と改善策を分析していきたいと思います。

寝相が悪い! 原因は?

最近では寝相による性格診断などもでてきている程

「仕方ない」と思われがちな寝相ですが、

寝相にもキチンと原因があることをご存知でしょうか?

寝相というのは日中の疲れを取るために

身体が反応して寝返りをうったりすることで神経、

そして筋肉の疲れを取ろうとしています。

ですので、寝相がないという人は殆どいないと考えてもいいでしょう。

軽く寝返りを打つ程度であれば問題はないのですが、

あまりに寝相が悪いと一緒に寝ている人に迷惑をかけてしまいます。

寝相がかなりひどくなるとして挙げられる原因は

布団やベッドの「睡眠環境が悪い」事

によって中々身体が休まれない時です。

  nezou2  

● 敷布団やマットの硬さや形状が合わない。

● 凹凸が気になる。

また、

● 脳の働きの低下

● 自律神経の乱れ

● 疾患による原因

● ストレス

なども挙げられます。

特に自律神経が乱れると交感神経が優位になりやすいです。

交感神経が優位な場合とは

緊急パニック時や圧迫ストレス時に作用し気分が高ぶり活発になる神経です。
具体的には、緊張時における興奮、恐怖や危機を感じているとき、格闘競技を見ているときなどです。

ぐっすり睡眠するには気持ちが穏やかにリラックスできる副交感神経を優位にする必要があります。

では、これらを改善して寝相の少ない睡眠ができるようにしてみましょう。

寝相が悪い! 改善策は?

■ 睡眠環境の改善

睡眠環境が悪いというのはそもままなのですが、

睡眠をとるための環境が自分に合っていないことを言われています。

例えば

布団が冷え切っていたため寒いからちょっと厚着をして寝るというのも、

厚着のゴワゴワ感が原因で寝相が悪くなってしまう。

睡眠のための適切な温度以上の温度が身体を纏ってた場合に

それが気持ち悪いと感じてしまい身体は寝ているにもかかわらず

何度も寝返りをうって温度調節を行います。

ですので、寝る前に軽く布団を温め

たりするといいでしょう。

  denki-moufu  

また、レム睡眠とノンレム睡眠の交換も

寝返りには大きく関係しています。

  hatu4  

切り替えがスムーズに行えるように身体が

きちんとしたリズムを取れるように生活習慣をと問えるようにしましょう。

  ■ 脳の働きの低下

この原因は大人によく見られます。

子供に比べて大人は脳の働きが低下していることから

ホルモンが上手く分泌されていかなくなってしまい、

睡眠の妨げにもなってしまっているのです。

例えば、

寝ている間に行われる身体の修復ですが、

脳の働きが低下していると中々修復することができません。

それによって気持ちの良い睡眠が送れず寝相が悪くなってしまうのです。

しかし、それでは納得したくありませんよね。

脳の働きは今からでも充分改善されます。

1日少しずつでもいいので頭を使う何かをしましょう。

クロスゲームでも数独でも構いません。

ちゃんと頭を使うことによって頭の働きは改善されていきます。

suimin

■ 自律神経の乱れ

先程も挙げたレム睡眠とノンレム睡眠

に直接関係している問題です。

このふたつが上手く交換されなければ

睡眠の妨げになり気持ちの良い睡眠が送れません。

  hatu8

そうすると当然寝返りも増えて寝相が悪くなってしまいます。

このふたつを上手く交換させるためには

日頃の生活習慣が整っていることそして、

日中のストレスを溜めないことと関係しています。

  ストレスを溜めないように自分なりのリフレッシュ方法を

上手く見つけられると解決に一番早く繋がるかもしれません。

suimin
画像引用元 : https://www.krachaidam.jp/pr_nemlina/afi.php?AC=p84

なかなか眠れない原因の一つには交感神経が優位になるからなんです。

副交感神経を優位にできるL-テアニンで穏やかな睡眠を♪

まとめ

今回のレポートいかがでしたか?

寝相が悪いのを改善するための方法を見ていきましたが

そんなに難しい内容ではなかったと思います。

しかし、

できるのであれば他人(恋人・結婚相手)

とベットを共有しないのが一番いいと言われています。

それは結婚相手でも同じです。

他人(恋人・結婚相手)とベットを共有すると身体が

無意識に気を使ってしまい

逆にリラックスした気楽な気分で睡眠が取れないのだとか。

睡眠も色々難しいですね^^

最後まで読んでいただき有難うございました!

suimin

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です