おならはなんで出てしまうのか?おなら対策に有効な善玉菌とは?

ol2  

おならが我慢できない!!

身体の生理現象の1つであるおならですが、

実際にしてしまうとものすごく申し訳のない

気持ちになってしまいますよね。

お腹の中のガスが溜まって出てくるおならなのですが

実際にはなぜこんな迷惑なものが存在しているのか、

でたときは、みなさん困っていると思います。

ということで、おならを止める事はできなくても、

おならを減らすためのポイントを見ていきたいと思います。

まずは、おならについて理解していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おならはなんで出てしまうのか?

先程も挙げたようにおならは生理現象です。

腸の中にある悪玉菌がタンパク質や脂質を食べてガスに変えるのです。

ですので、この悪玉菌をなくせばおならは出ないという仕組みになります。

しかし、この悪玉菌というのは腸の中にずっと存在してしまいます。

ということは、おならを減らすのは無理なのか?

と思ってしまうと思いますがそれも違います。

悪玉菌は善玉菌を増やすことによって減っていきます。

ですので、善玉菌の元となるものをたくさん食べることによって

おならを減らすことができるのです。

おなら対策に有効な善玉菌を増やすためには

一番手っ取り早いと言われているのが

善玉菌のビフィズス菌を含んだヨーグルトを食べるということです。

直接菌を食べているので、効果は意外に早く見ることができます。

しかし、ビフィズス菌は小腸で消滅してしまうということがわかっています。

本来善玉菌の住処になる大腸に届く前に死んでしまう菌が多いのです。

ではどうすれば解決できるのでしょうか?

それはオリゴ糖を食べるといいでしょう。

オリゴ糖と言うのは善玉菌の餌となり

善玉菌を増やす役割を果たしてくれます。

  origo  

そして分解されにくい性質を持っているので、

ビフィズス菌が死んでしまう小腸を通りぬけ

大腸まできちんと到達してくれるのです。

ですので、おなら出す原因となっている悪玉菌を減らすには

「オリゴ糖」を食べておくと問題がないのです。

  origo2    

焼き芋を食べるとおならが出やすくなる?

  imo  

よく焼き芋を食べるとおならが出てしまうと言われていますが、

それは焼き芋に豊富に含まれている食物繊維を

胃腸が消化しようと頑張っている際に腸の働きが活発になり

おならが出やすくなってしまいます。

しかし、これももちろんおならをしないように

工夫することができるのを知っていましたか?

それは、皮と一緒に食べるということです。  

焼き芋の皮にはおならを止める効果のある成分が含まれています。

なんだかおいしくなさそうと考え皮を食べないひとが多いですが、

実は後々おならがたくさん出てしまう事を考えると

しっかり皮も一緒に食べたほうがいいということでしょう。

※ お腹が痛いときについて詳しくは「お腹が痛い!どうして痛くなる?対処法は?」で解説してます。

まとめ

おならを恥ずかしいからと言って我慢をしてしまうと

身体の調子が悪くなってしまいます。

ですので、無理におならを止めるのではなく、

おならをどうすればしないのかを考えるようにしましょう。

そうすることで、おならの回数も減りますし、

身体の調子を悪くすることもありません。

是非、今回のレポートを試してみてはいかがでしょうか?

特に焼き芋を食べ方は特別なにかを必須としているわけではないので

おすすめしたいと思います♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です