寝癖がつく原因と寝癖がつかない方法&寝癖を直す方法

kesaki

寝癖を直すコツとは?

毎日毎日寝癖に悩まされている人は多いと思います。

しかし、朝というのはそれほど時間もなく寝ぐせを直すための

時間なんて割くのがもったいなく感じてしまいますよね。

そんな人のためにぱぱっと寝ぐせを直す方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寝癖がつく原因と寝癖がつかない方法

寝癖を一番作っていしまう原因は寝相だと考えられていますが、

実はお風呂に入った後、髪を乾かさないで寝てしまう

のが一番の原因と言えるでしょう。

relaxation2  

髪を乾かさないことにより、

元々あったはずのキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。  

そしてその濡てキューティクルの落ちた状態の髪を

枕にこすりつけることで髪を痛めてしまい

寝ぐせがつきやすくなってしまいます。

そうならないためにもオフロに入ったら

しっかり髪を乾かすようにしましょう。

dry

そしてその後に髪の保湿を守るためにオイルやクリームなどを

使うとより髪にダメージを与えず、寝癖のつきにくい髪になります。

因みに、お風呂に入り、

寝るまで時間があるからといって髪を乾かさないでおくのはアウトです。

いくら、寝るときには既に髪が乾いていたとしても

濡れた髪を放置しておくとキューティクルが剥がれてしまい、

髪にダメージを与えることになります。

そうなれば、いくら寝る時に乾いていても

寝ぐせのつきやすい髪になってしまうのです。

  kyute    

既についてしまった寝癖を直すためには

既に朝、ついた寝癖を直すための方法を説明していきたいと思います。

忙しい時間だからこそ、寝癖直しになんて時間を掛けたくないけれど、

身だしなみとしてきちんとしておかなくてはいけません。

そんな悩みのある女性は、まず髪を水で湿らせるようにして下さい。

がっつり濡らしてしまうと、

その後にまた髪を乾かす時間がかかってしまうので、

手を濡らしてから髪を触るという程度で問題ありません。

wet

そして、軽く髪を濡らした後髪を

ブラッシングしながらドライヤーをかけ乾かします。

一箇所にかけ過ぎると逆に髪を痛めてしまうので

少し遠くから乾かすのがポイントです。

そうすればドライヤーの当たる部分が1箇所に集中しないので、

火傷防止にもなります。

そして髪を整えればその日の髪のセットが完成してしまいます。

なぜ髪にダメージがあると寝ぐせがつきやすいのか?

普段から髪をダメージから守っているのは

先程話しにも出てきたキューティクルです。

そのキューティクルがちゃんと髪を包んでいることから

髪にダメージがあったとしても大概のことは守られます。

また、キューティクルと言うのは髪の保湿にも効果的なのです。

しかし、そのキューティクルというのは案外簡単になくなってしまいます。

例えば、高湿度の場所に長時間いた場合です。

それはお風呂上がりや、プールから上がった人は要注意です。

特にプールでは消毒のために塩素が混じっていることが多いので

余計にキューティクルが剥がれてしまう原因になりまります。

そして、熱にも弱いです。

これは、ドライヤーで長時間1箇所当て過ぎた時や、

dry2

真夏に太陽の下に長時間いた場合などで

キューティクルが剥がれてしまうのです。

そのようにして髪を守っていたキューティクルが

剥がれることにいよって髪が傷つきストレートの髪の人も

髪に栄養が全体に上手く行き届かなくなってしまい、

そして、キューティクルがなくなっていることと重なって、

寝相により起こる摩擦が直接髪にかかってしまいます。

ですので髪にダメージがあると寝ぐせもよりつきやすくなってしまうのです。

まとめ

今回のレポートいかがでしたか?

普段どんなに頑張っても寝ぐせが取れないという人は、

是非上の方法を試して見てください。

髪を濡らす時に、

スプレーを使って濡らすのも効果的と言えるでしょう。

また、中々効果が見られないという人は、

市販されているスプレーを使って、同じ方法で行ってみましょう♪

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です