生理不順になる原因は? 整えて治す3つの方法

毎月同じ時期に生理が来るのであれば気にすることもないのですが、

ちょっと体調を崩すだけで直ぐに周期が乱れてしまう生理。

正直、大変ですよね。

ということで、生理不順でお悩みの方や慢性的な人のために、

周期が落ち着いて生理不順を整えて治す3つの方法をお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生理不順の原因はストレス? 整えて治す方法

生理不順の原因は?

基本的に生理不順というのは体調不良や、

生活の乱れによって起こってしまいます。

特に、社会人になりたてで生活が安定しない人や、

ひとり暮らしの方や出産したばかりのお母さんたちは

よく生理不順を起こしてしまうのではないでしょうか?

因みに、生理になりたての若いうちは

生理がまだ安定していないだけであり、

生活が乱れているということではないので

安心して大丈夫です。

しかし大人になってからの生理不順というのは

なるべく起こっては欲しくない症状です。

これは、先程も話したように、生活の乱れやストレス等によって

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことによっておこります。

seiri2

生理不順を整えて治す3つの方法

❶ 子宮

正常な働きをする子宮の条件としては

子宮を冷やさないで柔らかい状態になっていることです。

子宮の働きは収縮を繰り返し行っています。

しかし、子宮が硬くなっていると、収縮の運動が妨げられてしまい

生理不順などになりやすいので

スムースに行うには子宮が柔らかい状態でなくては、いけないのです。

また、呼吸と子宮は連動してますので、ゆっくりとリラックスした状態で、

大きく息をゆっくりと、スーっと吸う~大きくゆっくりとハ~っと吐く

seiri4

また、1日1回はウオーキングなどの有酸素運動を行うのも有効です。

walk

ウオーキングは身体全体の循環や血流を促して、

凝り固まった子宮をよりよく活性化します。

seiri3

❷ 生活習慣

生理不順を整えるためにはどうすればいいのか?

先程も挙げたように生理不順は生活の乱れなどによって起こります。

そのため、生活リズムを整えれば大体は良くなるのですが、

それだけではまだ足りません。

それは、ストレスを溜めないことです。

ホルモンバランスというのは生活習慣の乱れも

大きく関係しているのですが、

それと同じくらいストレスによっても大きく変わってしまいます。

それが直接関係してくるのが、女性は生理ということです。

ですので、なるべくストレスの溜めない生活をするように

心がけることで生理不順を整えて改善されていきます。

しかし、人によってはどうやっても

生理のリズムが整わない人もいます。

そんな人には産婦人科に行き低用量ピルを処方してもらうといいでしょう。

❸ 低容量ピル

ピルはその名の通り避妊をするために必要とされるピルですが、

生理を整える為にも用いられます。

ピルには2種類あります。

誤って膣の中に精子を出してしまった場合に飲むピルのことは

殆どの人がご存知だと思います。

そのピルのことを緊急避妊ピルと呼び、

その名の通り避妊を早急にしたい場合に服用するピルです。

しかし、今回お話したいのは、このピルではなく

日常的に飲むピルです。

このピルのことを「低容量ピル」といいます。

これは、普段から飲むことにより

避妊に失敗した場合に直ぐに効果を得られるということなのですが、

これは避妊にだけ効果的ということではありません。

なんと、このピルには女性ホルモンを整える効果もあるのです。

ということは、当然生理の周期も落ち着き整えられて、

予定通りに生理がくるようになります。

更にもう一つこのピルを服用することによって良いお知らせがあります。

それは身体のホルモンバランスが整えられるので、

ダイエットが上手くいきやすくなったり、

お肌が綺麗になるという人もいます。

ぜひ、生理にお困りでない人でも試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

生理といえば女性にしかわからない悩みですよね。

それが、生理の周期がぶれているなんて女性的には尚、

苛立ちを感じる原因となってしまっています。

けれど、その苛立ちによって

またストレスが溜まってしまうので本当に悪循環ですよね。

そんなイライラや生理に悩まされている人は是非、

上の方法を試してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで下さり有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です