いびきが出る6つ原因と対処法

ibiki-image

画像引用元 : http://angie-life.jp/beautyfashion/126550.html

自分自身では全く気が付かない「いびき」。一人寝ならいびきや寝相はどうでもおかまいなしでいいでしょう。

でもパートナーの横ではちょっと(笑

今回はいびきが出る原因と対処法を6つに分けて解説させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いびきが出る原因と対処法

いびきは呼吸時の空気が口から気道へと通過する際に上気道が振動して鳴る現象なんです。

通常の呼吸は喉の上気道が正常ならいびきは出ないのですが、この上気道が狭くなるといびきが出るんです。

場合によっては呼吸停止(睡眠時無呼吸症候群)も起こすこともあります。

ibiki

画像引用元 : http://www.chiba-sas.jp/snore.html

では何故上気道が狭くなるのでしょうか?原因をみていきましょう。

原因と対処法

❶喉や首周りの脂肪分が増える

肥満で喉や首の周りや舌に脂肪分が増えてくると上気道が狭くなり

舌が陥没して上気道を圧迫していびきの原因になります。

対処法

オトガイ筋のエクササイズを行うことで皮下脂肪を減らすことが可能です。

顎下にあるオトガイ筋の筋力が落ちてくると喉の周りに弛みが出て皮下脂肪が溜まりやすくなります。

ibiki

画像引用元 : http://slism.jp/communication/you-get-clearly-chin.html

1 下の唇を突き出した状態のまま顔を天上を見上げるように上げます。

2 4~6秒そのまま置いて。

3 唇、顔をゆっくりと戻します。

c これを数回繰り返します。

❷口呼吸

風邪などで鼻が詰まった場合寝ている間は無意識で口呼吸をしてしまいがちです。

口や喉がカラカラに乾燥して気道が狭くなりやすくなります。

また、外気が直接喉へ入りますので炎症を起こして気道が狭くなりいびきが出やすくなります。

対処法
hanatubo

画像引用元 : https://health-to-you.jp/sinuscongestion/hanadumarikaizenhou6188/

check 小鼻の横に迎香ツボがあります。

指で迎香ツボを軽く押したまま上目頭方向にギューっと上になぞります。

数回繰り返します。

check ツボ押しが苦手な方には取り付けが簡単な鼻腔拡張テープがお勧めです。

ドラッグストアや薬局で数百円程度で販売してますし便利です。

bikuu

画像引用元 : http://www.kenko.com/product/item/itm_6920705872.html

❸ストレスや体の疲れ

ストレスが溜まったときや体が疲れた状態で睡眠に入ると喉や気道周辺の筋力が落ちぐったり下がった状態で赤血球のヘモグロビンがより多くの酸素を補給しようとするために呼吸が荒くなりいびきの原因になります。

対処法
kyuyou

画像引用元 : https://www.ajinomoto.co.jp/ajitoreonline/rest/

ストレスや疲れは一時的に起きることなのでしっかりと休養し回復すれば大丈夫です。

❹口蓋扁桃&咽頭扁桃肥大

口蓋扁桃が腫れて肥大することでいびきの原因になることがあります。

口蓋扁桃は口の奥の左右に存在しており外気から流れ込んできたウイルスや病原菌を抑えて、淡や鼻水で排出する働きがあります。

※口蓋扁桃の呼び名は昔では扁桃腺と呼ばれてました。

hentousen

画像引用元 : http://senoopc.jp/disease/tonsilh.html

鼻の奥と喉を結ぶ場所にアデノイド(咽頭扁桃)という器官がありアデノイドが肥大することによりいびきをかきやすくなります。

主に幼少時期(2~5歳)に多くみられ6歳以降成長するにつれ小さくなります。

対処法
口蓋扁桃

図の第1~第2肥大までは炎症が治まるまで安静にして待つのがいいでしょう。

第3肥大までになるとUPPP手術が可能な専門医で診てもらうことをお勧めします。

咽頭扁桃(アデノイド)

ほとんどのお子様は自然治癒で収まりますが、いびきがひどい場合には「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があるかと思いますので耳鼻科で受診されるのがいいでしょう。

❺アルコール

飲酒をすると酔いが回り弛緩作用の働きで顎や体全体の筋肉が緩んで舌が喉に下がりやすくなり気道も狭くなりいびきが出やすくなります

対処法

酒の量を減らす。

飲酒後は上向きで寝ると鼻呼吸がしずらいので横向きで寝る。

❻枕

自分の体形と合っていない枕を使用した場合いびきの原因になる可能性があります。

首が長い方短い方人それぞれですけど、一般的には枕が高いと首の形がくの字状になると気道を曲げていびきの原因になります。

対処法

高い枕は気道を曲げやすくなりNGですが、逆に低い枕では舌が喉に下がりやすくなりいびきの原因になるので自分に合う枕を探すしかありません。

枕素材はいまだにウレタン系が流行ってますけど、柔らかすぎるのは首が沈みすぎるのでNGです。

硬いのがいいか、柔らかいのがいいのかは個人の好みや相性によりますので買うときは慎重に選んで購入することがいいでしょう。

まとめ

今回のレポートいかがでしたでしょうか?

一人寝でのいびきはまだしもパートナーや旅行の時など気になるものです。

いびきの原因はいろんなケースがあります、いびきでお悩みの方々は原因を早めに確認して対策を行いましょう。

最後まで読んでいただきまして有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : https://uploads-ishamachi-com.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2016/10/AdobeStock_89908879.jpeg

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です