陰部が臭い!どうして臭くなる?消す方法は?

Health-care

画像引用元 : https://marksmanhealthcare.com/category/health-technology-assessment/

夏になると露出が増えてくる季節。外出時で気になるのが体の臭いです。

ましてや体臭のなかでも陰部が臭くなるのは人にはなかなか言えないし、

一日中それが気になって付きまとってしまう恥ずかしい悩みですよね?

陰部(デリケートゾーン)はどうして臭くなるのでしょうか?

今回は陰部が臭くなる原因と臭いを消す方法についてお伝え致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陰部が臭くなる原因と臭いを消す方法

「陰部が臭くなる」 原因

❶ アポクリン腺と雑菌

汗には2種類あって、

c エクリン腺

体温を冷ます役割が目的の汗で激しい運動やサウナなど滝のように出るのが「エクリン腺」です。

約99%の大半が水分でニオイがないのが特徴です。

c アポクリン腺

 もう一つが「アポクリン腺」でアンモニア、脂質、糖質、タンパク質、鉄分などが含まれており皮脂腺から分泌した脂肪酸と混ざりさらに皮膚に潜在している雑菌が常駐しています。

主に限られた部位(ワキ、陰部、肛門、耳の内部、乳首)などに存在する汗腺です。

アポクリン腺の量は個人差(遺伝の影響)があり臭いがきつい方はアポクリン腺の数が多くみられ粒も大きいのが特徴です。

本来の役割は嗅覚で異性を惹きつけるためのフェロモンを発散するのが目的だったようです。

臭いの原因は汗と雑菌

汗(アポクリン腺)による臭いの原因は皮膚に潜在している雑菌やコリネバクテリウム菌などが 残尿や汗、おりもの、恥垢、皮脂 などを栄養源として分解→老廃物の排出があの臭いを発生します。

その雑菌は高温多湿を好んで繁殖しますので湿気の多い梅雨や夏の季節に最も増えてきます。

❷ 感染症

トリコモナス腟炎

トリコモナス原虫に感染することによって引き起こす感染症できつい悪臭を放ちます。

主な感染源は性行為によるものですが外部(浴場・温泉・プール・下着・タオル)でも

感染する可能性もあるので性行為がなくても注意が必要です。

クラミジア

性行為(粘膜同士の直接接触)のみで発生するSTD(性病・性感染症)です。

きつい臭いと共に緑色おりものや不正出血や腹痛などを引き起こします。

オーラルセックスで喉にもクラミジアが感染します。

女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性があります。

カンジダ膣炎

カンジダ真菌はカビの一種で膣内に普段から存在する常在菌です。

白くてドロッとしたおりものと共に生臭いチーズのツンとした臭いが特徴。

体力や免疫力が低下すると発症しやすく性行為以外でも発症します。

こちらでも対応してますが気になる方は婦人科に診てもらいましょう。

❸ 食事

動物性たんぱく質

動物性たんぱく質や乳製品を多く含む食事の摂り方をすると皮脂腺の代謝が活発になり分泌すると陰部のアポクリン腺にも成分が含まれます。

アポクリン腺の分泌された成分が菌のエサになり分泌が活発になり臭いの原因になります。

お肉などの動物性たんぱく質や乳製品の摂取を控えてアポクリン汗腺や皮脂腺の過剰な働きを抑えるように心がけることが大事になります。

陰部の臭いを消す方法

-pr-
におい・おりもの対策!デリケートゾーンをジェルでケアinclear【インクリア】

陰部のケア

陰部にいる雑菌がこれら残尿や汗、おりもの、恥垢、皮脂、経血などをエサにして繁殖し老廃物の排出が臭いの元になります。臭いを消すにはこれらをきれいに消去しなくてはなりません。

バスルームで洗浄・方法

陰唇は大陰唇・小陰唇の複雑な溝状になっており溝の間に残ったままのカス(恥垢)などをきれいに洗い流すのが必要です。

皮膚粘膜が薄い陰部は刺激を受けやすい非常にデリケートな部位なのでスポンジでゴシゴシと強い力で擦ると傷つけてしまい炎症を引き起こしますのでNGです。

石鹸の泡とともに爪があたらないように指の腹で優しくなでる感じで洗います。

市販の石鹸やボディソープは刺激や洗浄力が強く陰部に必要とされる常在菌(デーデルライン桿菌という善玉菌)を減らしてしまう可能性が高くなります。

さらにそれが反応してよけいに雑菌が増えて繁殖しやすくなります。

できるだけ専用の石鹸(ソープ)をお勧めします。

お勧めしたいのは デリケートゾーンの臭いに、薬用イビサソープ

薬用成分が殺菌と雑菌や排出物をきれいに消去してくれるので安心です。

ムレやすい下着はNG

デリケートゾーンは湿気の多いムレやすい場所です。

さらにムレやすくなるような下着&ショーツの着用はNG。

外出時だと下着や生理ナプキンは頻繁に取り換えにくいのが難点です。

必ず通気性があるのを選びましょう。

またピッタリ締め付けるタイプの下着は外気が入りにくくなりムレやすくなるので

ゆったり余裕のあるサイズがお勧めです。

まとめ

今回は今回は陰部が臭くなる原因ではアポクリン腺と雑菌や感染症、食事内容や、

臭いを消す方法についてお伝え致しました。

今回のレポートで少しでもお役にたてたなら嬉しく存じます。

最後まで読んでいただき有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : https://marksmanhealthcare.com/category/health-technology-assessment/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です