イボ って何? 病気? そのまま放置で大丈夫? 原因と治し方

コロコロするのを触ってみたらイボだった!なんてこと経験ないですか?

イボは突然できることがあるらしくいったい何者なんでしょうか?

もしかして病気? そのまま放置で大丈夫なの?なんて心配される方も多いのでは?

イボが出来たところでどうってことないようなことだと思われるかも知れませんが

今回は「イボ」ができる原因やそのまま放置で大丈夫なのか

また、治し方などについてお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イボができる原因と種類、予防と治し方

イボは一般的な呼び名ですが、医療分野では疣贅(ゆうぜい)と呼ばれてます。

イボは皮膚上皮に盛り上がった状態でできる「おでき」みたいなもので、ウイルス感染によるものや子供のミズイボ、老人イボなど種類があります。

ウイルス感染といっても普段多くみられるのが「ヒトパピローマウイルス」で「ひと乳頭腫ウイルス」とも呼ばれてます。

皮膚から侵入し感染するケースが一般的で体力や免疫力が十分備わってる健康的な状態なら感染はみられないのが一般的です。

イボの種類と原因

イボといっても皮膚に発症するに至る原因や場所によって種類が異なります。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

円筒状のよくある一般的なイボで幼少期に多く見られます。

手や足の裏、膝、顔や首、陰部など日常生活で外部と接触を受けることの多い部位に発症します。

skin

画像引用元 : http://peeling-navi.com/wp-content/uploads/2015/08/hifunokouzou013.jpg

図で示してますが、皮膚の表面には角質層(かくしつそう)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)の各層に分かれており

傷口から侵入したウイルスはここの表皮最下部「基底層」で細胞分裂しながら形成し、

ターンオーバーで皮膚の表面に隆起しながら塊状のイボになって表れてきます。

足の裏は体重による負荷がかかるので魚の目状になり足底疣贅と呼ばれてます。

顔面や顎にできる指状になったイボは指状疣贅と呼ばれてます。

爪のささくれなどの部位は日常生活で擦る機会が多いため傷つきやすくウイルスが侵入しやすいので幼児や小さなお子さんは爪を噛んだりするので注意が必要です。

性交渉で感染してできるのが性感染症STDの「尖圭コンジローム」で患者の大半は10代後半から30代くらいの世代です。

良性型ならまだ安心ですが悪性だと子宮頸がん・陰茎がんの原因になるので注意が必要ですし、

妊娠中に罹ってしまうと生まれてくる赤ちゃんにも移る可能性がありますので婦人科で診てもらいましょう。

イボは病気?

ウイルス感染や性感染症STDなどの観点からみて皮膚科&婦人科&泌尿器科系の病気です。

皮膚科が対応しますが「尖圭コンジローム」などの性感染症は婦人科&泌尿器科になります。

施術後「シミが残る」など気にされる方は「美容皮膚科」「美容外科クリニック」でも施術します。

但し医療費控除に関しては施術目的 例えば「イボの除去」「シミなど美容」

など内容や目的によって保険の適用範囲が微妙に異なります。

イボができないように普段から心掛けておくべきこと・・・

c 健康的(睡眠・栄養・運動)な生活習慣で免疫力を向上させる。

c 強い日差しや紫外線は避ける。

c 皮膚を必要以上に擦らない。

c乾燥肌の方は保湿などのケアを習慣づける。

イボをそのまま放置で大丈夫?

イボをそのまま放置したままで治ることもありますけど・・・

尋常性疣贅は良性のイボですけどウイルス感染でできるイボなので

「触らぬ神に祟りなし」じゃないけど、闇雲にイボに触るとウイルスが広がってイボが増えることもあります。

そのまま放置しておくと別の部位に増えていく可能性があります。

 なかなか取れない首のポツポツがポロリ!?

イボをそのまま放置で他人に移る?

例えば・・・

c 指にイボがある人が鉛筆やボールペン、タオルを他人が使用(触る)した場合は感染する可能性アリです。

c 浴室から出たとこにある足ふき用マットを「足底疣贅」の方が使用した後 他人が使用した場合は感染する可能性アリです。

水イボ

水泡状のイボで子供の夏のプールで感染しやすいのが水イボ。

ビート板や浮き輪の共用(使いまわし)、タオルの共用は感染源ですのでNGです。

またアトピー性のお子さん(8歳以下)は細心の注意が必要です。

感染しやすい状態とは?

免疫力がしっかりついた状態の健康体の方は皮膚のバリアが強いので感染することは少ないです。

しかし寝不足、ストレス、疲労、食欲不振などで免疫力が低下した場合や皮膚が乾燥している状態、体(手や足)に傷が出来たときなどは感染しやすいので注意が必要です。

イボの治し方

イボは治療しないまま治ることもあります。

しかし、イボが増えたり、他人に移してしまうこともありますので

一番いいのは「病院」で診てもらうことです。

どのような種類のイボなのか分かるし適切に治療するので安心です。

病院(皮膚科・美容皮膚科)

h 液体窒素

液体窒素を綿棒にしみこませて患部(イボ)に押しつける手法。

マイナス196℃超低温の液体でイボの細胞組織を壊死させ、

患部の皮下組織(細胞)の代謝やターンオーバーを促すことで

皮膚の中に潜んでいるウイルスを角質層の外に押し出して

イボの除去と新しい皮膚が再生されていきます。

患部を「焼く」手法なので術後は水ぶくれや血豆などの症状を引き起こします。

最後はカサブタになりポロポロと自然にはがれ落ちていきます。


 なかなか取れない首のポツポツがポロリ!?

気を付けたい治療の期間中・・・

check5 水ぶくれや血豆、カサブタに触ったりしない。

check5 強い日差し(紫外線)に当たらないようにする。

など、イボが完治するまでは注意が必要です。

術後、色素沈着する可能性がありますので、

気になる方は担当医師と相談してください。

 h CO2レーザー治療

イボをそのままくり抜いてしまう超簡単な治療で

CO2(炭酸ガス)レーザーをあてると皮膚に含まれている水分に反応し熱が発生します。

その熱と共に水分を蒸散させるとあてた皮膚の部分を削ることができて

イボをきれいにくり抜くことができます。

術後の患部は凹んだ状態ですが数週間で皮膚が再生(ターンオーバー)します。

但し、治療費は保険の適用外ですし1ミリ単位での価格設定は高額になります。

 h 内服薬・ヨクイニン

主な原料はハトムギ

薬用植物の成分を調整抽出させ免疫力を向上させる効果を目的とされた漢方薬です。

自宅で治す

イボコロリ

ドラッグストアで販売しているイボコロリは塗るだけの軟膏薬です。

主な成分は「サリチル酸」皮膚の角質を軟化させる働きがありイボの固い部分を腐食して柔らかくします。

皮膚の代謝(ターンオーバー)が活発になってくると新しい皮膚が皮膚の深部からイボを押し上げて除去することが出来ます。

check5 気を付けたいのは薬の塗り方です・・・

サリチル酸は皮膚を腐食させて柔らかくする作用がありますので、

正常な皮膚に付いてしまうと皮膚を傷つけたり肌荒れを引き起こすこともあります。

塗布する場合は綿棒でイボの部分だけを慎重に塗るように注意が必要です。

クリアポロン

使い方は塗るだけ。

薬用植物など低刺激成分なので敏感肌、乾燥肌にも対応。

皮膚の代謝(ターンオーバー)をサポートしながら「あんず成分」のパルミトレイン酸が肌をなめらかにします。

プラセンタ・ビタミンC誘導体・アラントインなどの美容成分がイボ除去後、美肌へと導きます。

ya

首や顔、デコルテなどのイボ、
角質のポロリケア♪クリアポロン

まとめ

イボは感染しない「老人性イボ」であれば放置したままでも移す心配ありませんが

ウイルス性イボは放置したままですと増えたり他人に移すこともありますので

できるだけ早期の治療をお勧めいたします。

普段から体を鍛えて免疫力アップする生活習慣を心掛けましょう。

最後まで読んでいただき有難うございました!

なかなか取れない首のポツポツがポロリ!?

アイキャッチ画像引用元 : http://www.ibo-care-care.com/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です