夏バテを防ぐために有効な5つの食べ物とは?

nutrition2

画像引用元 : http://www.shukutoku.ac.jp/academics/kangoeiyou/eiyou/

夏の暑い日が続いてくるとつい食欲が落ちてあっさりとした冷やし中華やうどんに目が行きます。

しかしあっさりした栄養価の低い食べ物ばかり食べ続けるとスタミナ不足で夏バテの原因になり兼ねます。

では夏バテを防いで乗り切るためにはどんな食べ物が有効になるのでしょうか?

今回は夏バテを防ぐための食べ物について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏バテを防ぐのに有効な5つの食べ物

栄養価の低い食べ物ばかり続けると免疫力が低下して夏バテになりやすい身体になります。

しっかり栄養をつけて夏を乗り切りましょう。

❶ うなぎ

unagi

画像引用元 : http://kisaragi-kama.com/unagi-1.jpg

栄養豊富に含まれているウナギは夏バテ防止に有効な食べ物。

ビタミン(A,B1,B2,D,E)が豊富でそのなかでも特に多く含まれるビタミンAは免疫力を向上させ皮膚や粘膜を保護しロドプシンは目の健康を維持するのに必要な栄養素です。

また疲労回復に有効なビタミンB、若返りに働きかけるビタミンE、鉄分やカルシウム、亜鉛などの ミネラルを多く含まれています。

❷ ネギ、玉ねぎ、にんにく、にら

ninniku

画像引用元 : http://health-good.jp/gaikoku-nihon-hinsitu-tigai/

アリシンが多く含まれておりビタミンB1と結びつき乳酸を分解しブドウ糖をエネルギーにする働きがあります。

抗酸化作用の働きで活性酵素を抑制しイオウ化合物が血行を正常に促し血液をサラサラにしてくれます。

アリシンはインスリン(ホルモン)の分泌を促す働きがありますので血糖値の上昇を抑制し安定させます。

❸ フコイダンを含んだ海藻類

mozuku

画像引用元 :https://www.drwallet.jp/navi/25378/

昆布、モズク、ワカメなどの栄養豊富なプランクトンの中で育ったこれらの海藻はミネラルやビタミン、ヨウ素、カルシウム、鉄分、植物繊維を多く含んでおり特にフコイダン(水溶性植物繊維)のネバネバ成分が免疫細胞(NK細胞)を活性化してくれるので免疫力の向上や夏バテに効果が期待できます。

また胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因とされるピロリ菌を除菌排出する働きがあります。

❹ 柑橘系&梅干し

remon

画像引用元 :http://kerokero-info.com/wp-content/uploads/2016/12/remon.jpg

すっぱくて酸味のあるレモンやグレープフルーツなどの柑橘系や梅干しなどに含まれているクエン酸の働きによりエネルギー代謝を生成し活発化しますので乳酸(疲労物質)を抑制して老廃物と共に排出してくれます。

血液を弱アルカリに維持してくれますので細胞の酸化防止にもなりガン予防や老化防止に効果が期待できます。

また血液をサラサラな健康状態にして美肌効果にも効果があります。

❺ レバー肉

lever

画像引用元 :https://cookpad.com/recipe/2017494

スタミナ食品の中によく出ているのがレバー肉。

ビタミンA,B2,B12が多く含まれており免疫力の強化や抗酸化作用の働きがあります。

亜鉛や鉄分が豊富に含まれておりビタミンB12は葉酸と共に赤血球を生成し貧血予防にも役立たせてますので夏バテ予防に大活躍です。

※ 以上、夏バテを防ぐために有効な5つの食べ物を記載しましたが、

緑黄色野菜や納豆(豆類)なども偏らずにバランスよく摂取するよう心掛けましょう。

夏バテを防ぐためのチェックポイント

生活習慣

夏バテを防ぐには食べ物が基本になりますが、必要に応じた水分補給、運動、睡眠 などの生活習慣も大切です。

特に水分補給にお勧めなのが「麦茶」です。

原料となる大麦には糖分やカフェインが含まれていないので利尿作用もなく水分補給に有効な飲料です。

運動することで身体全体の代謝を促して自律神経を正常に整える働きがあるので適度な運動は夏バテ予防に効果が期待できます。

また湿気が多く蒸し暑くて寝苦しい時期は睡眠不足になりがちです。

しかし睡眠不足が続いてしまうと食欲がなくなり身体を動かすことさえ面倒になります。

エアコンの除湿機能や扇風機をタイマーにするなど上手に活用して体力、免疫力の低下で夏バテにならないようにしっかり睡眠をとりましょう。

まとめ

今回は夏バテを防ぐための食べ物などを中心にレポートいたしました。

いかがでしたでしょうか?

夏バテは栄養・睡眠・運動など普段の生活習慣を見直すことから心掛けることで防ぐことができます。

今年も暑い夏を乗り切っていきましょう。

最後まで読んでくださり有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : http://www.shukutoku.ac.jp/academics/kangoeiyou/eiyou/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です