スマホのやりすぎ! 身体への影響はどれくらいある? 治し方は?

smart-phone2

画像引用元 : https://betanews.com/2017/03/31/smartphone-privacy-security/

通勤、通学、空き時間や食事中でもスマホをやっている方を多くみかけられます。

というか今や四六時中使用しているのが当たり前の時代なのかもしれません。

今回はスマホのやりすぎで身体への影響はどの部分にどれくらいあるのか 治し方

など調べてみましたのでお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ、身体への影響と治し方

身体の「肘、脳、目、関節」への影響について解説いたします。

肘への影響

スマホを使っているうちに肘の外側が痛くなることがあるんですね。スマホをやりすぎると肘や筋肉の負荷がかかり炎症を引き起こすことがあることをご存知でした?

「最近なんだか肘から手首にかけて妙に痛いんだよな~」なんて方結構いらっしゃるのではないでしょうか。

もしかしてスマホ肘「上腕骨外側上顆炎」かも知れません。

スマホ肘、またの名を「テニス肘」とも呼ばれテニスプレイヤーの錦織選手もこの炎症をたびたび引き起こしています。

スマホ肘、治し方

ude

画像引用元 : http://sho-seikotu.com/care/001343.html

ストレッチ

スマホ肘を治すには酷使した肘や筋肉のストレッチがお勧めです。

❶ 腕を肩の高さに合わせて真っすぐ上にあげます。

❷ 肘を曲げずにしっかり伸ばしたままの状態で全指を下に反対側の指で手首を下に捻じります。

❸ このまま30~40秒このまま置きます。

sumahohiji-All

画像引用元 :みちた整骨院さん http://michita-seikotsuin.com/blog/664/ 

反対側の手で人差し指&中指をギューっと引っ張るとさらに効果が期待できます。

yam

sumahohiji-2

画像引用元 : http://www.hiroshima-seikeigekaiin.jp/exercise/tenisuhijisutoretti

スマホ肘になる原因はスマホのやりすぎです(笑

たまには酷使している筋肉を休ませることをお勧めします。

check4  YouTube動画では上腕骨外側の部位が痛む方のストレッチのご案内です、是非参考にして下さい。

yam

脳への影響

nou

画像引用元 :http://iori11.com/1391

今の時代スマホは生活と共に密着したよきパートナーですが、やりすぎた場合脳への影響はどのようなものがあるのでしょうか?

マルチタスクが脳を支離滅裂に

スマホの画面上にはLINE,Twitterなど複数のボタンがズラリ並んでますし、最新モデルではマルチウィンドウで複数のアプリを表示したりで複数を同時にアクセスできる仕様になっています。

しかしこういった機能を使う作業は次から次へと新たな刺激を脳に送り続けることになります。

これを毎日繰り返していくうちに脳が慢性的に新たな刺激を求めるようになります。

それにより思考が分散され判断力、集中力、記憶力などが散漫、低下していく原因になっています。

そもそも人間がテキスト(文章)を読むときはササーっと浅く読み流す「浅い読み」とじっくりと熟読する「深い読み」の二つに分けられます。

じっくりと熟読する「深い読み」を行うとあらゆるイメージが沸いてきますので、想像力、創作力、思考力、集中力、判断力を鍛えることができますが、

スマホは「浅い読み」がほとんどですので脳が「思考しない」ことが習慣になってしまい必要とされる脳を鍛える力が低下する原因になっています。

これらの治療法はないので、「スマホを中断する時間を設ける」など自身でルールを決めるなど工夫することをお勧めいたします。

目への影響

ブルーライトが目の網膜を破壊する?

bluelight

画像引用元 :http://www.natures-health.co.jp/eye/

スマホの液晶画面はブルーライトと呼ばれる青色光(波長は380~500nm)で人間の目で見ることができる光の波長(可視光線)の中では紫外線(280nm~400nm )に次ぐ強いエネルギーが発生しています。

me

画像引用元 :http://kenkyu.wakasa.jp/sp/information/detail.php?id=1825

ブルーライトから出る強いエネルギーは眼球表面の水晶体や角膜の部位には吸収されず、直接「網膜」やその中心部にある「黄斑」にダメージを与えます。

それが原因で「加齢黄斑変性」という障害を引き起こすことがあります。

加齢黄斑変性の主な症状

中心暗点:網膜の中心部に障害を引き起こし見ようとする場所の中心部が暗くなりぼやけて見えなくなったり視力が低下します。

変視症:炎症で網膜に液体が溜まると見ようとする場所の中心部が歪んで見えます。

加齢黄斑変性の治し方

眼科医の治療では、目の中(硝子体腔)に注射する「薬物治療」や眼科PDTの認定医が施術する「光線力学的療法」などがあります。

体内時計(サーカディアンリズム)を狂わせる

PCやスマホの液晶画面を夜寝る時間まで使用するとブルーライトの影響でもう寝る時間なのに脳が冴えて眠れない症状に見舞われます。

ブルーライトの発光体が網膜~脳に刺激を送ることで身体を穏やかに睡眠へと誘うホルモン物質メラトニンの働きが抑制されます。

健全なリズムで昼夜に働きかけるはずの体内時計(サーカディアンリズム)が狂ってきますと、睡眠障害、鬱、肥満などになりやすくなります。

ブルーライトの予防対策

ブルーライトの強いエネルギーから目を守る予防対策。

・PC専用ブルーライト対策眼鏡を装着する。

・ブルーライト対策用の液晶フィルムを貼る。

・無料アプリでブルーライトをカットする。

眼鏡をかけるのが面倒でも無料アプリがあるので超便利!

関節(頸椎)への影響

ストレートネック

straight

画像引用元 :http://yakusyuin.com/syoujou/straight.html

ストレートネックになる原因は頭を前に傾ける状態の姿勢を長時間過ごすことでなるそうです。

もともと首の骨は頭の重量を支えたり衝撃から守るためやや湾曲にカーブしているはずなんですがスマホの普及によりストレートネック(スマホ首)になってる方が多く見られるようになりました。

症状は肩がこる、肩がだるくて痛い、首の周りや背中が痛くなる、目が疲れる、めまいがする、などです。

スマホの持ち方

スマホ操作するときは目線上に持ち上げる。

片手で不安定な場合はスマホを持った肘を反対側の手でグリップする。それでも面倒な場合は両手で持つ。

治し方
首のストレッチ

椅子に深く座って身体を安定した状態で行ってください。

❶ 後屈

両手の指でアゴをギューっと後方に伸ばす感じで押し上げます。

約5~7秒間キープします。これを3回繰り返します。

neck1

❷ 側屈

肩の力を抜いて片方の手で首を横方向にゆっくり傾けます。

一番傾けたところで約5~7秒間キープします。これを3回繰り返します。

neck2

❸ 前屈

両手を首の後ろで組みます。

肩の力を抜いて頭を前方向へゆっくり下げます。

一番下がったところで約5~7秒間キープします。これを3回繰り返します。

neck3

肩のストレッチ

❶ 前面

腕で反対側の肘を抱え込むようにしてギューっと二の腕を引きます。

このまま約5~7秒間キープします。これを3回繰り返します。

shoulder

❷ 背面

反対側の手で肘をグリップしたままギューっと腕を背面に誘導し肩を伸ばします。

このまま約5~7秒間キープします。これを3回繰り返します。

shoulder2

画像引用元 : https://medley.life/symptoms/5539fcba83815011bdc813e7/details/selfcare/excercise/ 

※ 首のストレッチは危険が伴います。安全重視のため万が一息苦しくなったりしびれそうになった場合は一度中断して下さい。

まとめ

今回のレポートいかがでしたでしょうか?

今やスマホは生活必需品といってもいいくらい大切なアイテムですけど、健康も大切だと思います。

「肘、脳、目、関節」への影響についてのレポートがお役に立てたなら幸いに存じます。

最後まで読んで下さり有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 :https://www.wix.com/blog/2015/05/how-to-turn-your-smartphone-into-a-killer-virtual-office/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です