憂鬱で辛い!どうしてこんな気持ちになる?解消する方法は?

mental4
画像引用元 : https://carolynharrington.com/diy-healing/lethargic/ 

憂鬱な気持ちになってしまうということは、きっと「憂鬱になる原因」があなたの心の中でさまよって居るからなんでしょう。
つまり「憂鬱になる原因」が心の奥にまで届いてしまい神経が拒絶反応を起こし憂鬱で辛い気持ちに至ってしまったという流れではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

憂鬱で辛い気持ちになってしまうのはどうして?解消法は?

人間が行動を起こす原動力は「感情」というエネルギーです。
その感情も時と場合によっては無気力になります。
ルールと協調性に基づいた社会では理性や知性で強引に抑えなくてはならないときもありますし感情を抑える我慢も必要です。
憂鬱になるのは感情と理性の因果関係がカギを握っていると考えられます。

「憂鬱で辛い気持ちになってしまう」と思った時点で「うつ病」の可能性があります。「うつ病」の原因は大きく3種類に分けられており・・・

❶ 外因性:病気や障害、脳障害などが原因で引き起こされるうつ病。

❷ 心因性:人間関係など精神的なショックや衝撃的な環境変化などからくるストレスが原因によるもので普段よくあるうつ病です。

❸ 内因性:病気や体調不良から神経伝達物質や脳内ホルモンバランスなどの乱れを引き起こすうつ病です。

憂鬱で辛い気持ちになってしまうのは?

真面目に考えすぎる

コツコツ真面目な毎日を送るのは誰が見ても高く評価すると思います。
しかし限度を超えて真面目に考えすぎる性格の人は
「完璧な結果を出さなくてはいけない」
「こうしなければ絶対に気が済まない」
「責任を全うしなくてはいけない」
「期間内までに目標を達成しなくてはいけない」
「いじめや各種ハラスメントを我慢している」
「恋人から絶対嫌われないようにしないといけない」
など自分を責めて 自分を犠牲にしてでも真面目にやらないと気が済まないという気質の方です。
自分の心の中でバリアを張り巡らしているために疲れ果ててストレスが溜まります。
そして真面目に頑張った割には周りの人から認めて貰えない、理解して貰えない、結果が出ない、などにより心が折れて憂鬱になり孤独や疎外感を引き起こすとうつ病に進行しやすいです。

うつ病になりやすい人

mental5

画像引用元 : http://www.bbc.com/news/education-38861155

憂鬱になりうつ病になりやすい人の特徴は「自分に自信がない方」に多く見られます。

ten2 つい周りからの視線が気になり自意識過剰になる。

ten2 自分の意見や思ってること主張したいことが言えない。

ten2 心を許せる友達ができない。

ten2 自分がどうしていいか分からない。

ten2 何をやってもつまらなく感じてしまう。

ten2 将来に向けての夢や希望には拒絶してしまう。

解消するには?

f 登山

mountain-top

画像引用元 : http://img01.gahag.net/201608/11o/gahag-0115146449.jpg

登山がお勧めです。山頂まで到達したときの達成感は貴方に生きる勇気と喜びを与えてくれます。憂鬱でお悩みの方々にとっては少なからず解消できると思います。

f 登山道を歩く

mountain-path

画像引用元 : http://www.sapporo.travel/choose/keywords/mountain_climbing_in_sapporo/

kokyu

また登山道をウオーキング(歩く)するのも有効です。森林や小川、小鳥のさえずりでリラックスするα波は副交感神経を促し疲れた精神をリセットする効果が期待できます。α波は脳内ホルモンのβーエンドルフィンを分泌させます。

βーエンドルフィンとは
ten2 副作用のない脳内麻薬と呼ばれる幸福感、鎮痛作用のある神経伝達物質です。

ten2 T細胞を増やして免疫力を向上させます。

ten2 マラソン時など運動による苦痛を和らげてくれるランナーズハイの状態にしてくれます。

f α波の音楽効果

忙しくて登山道をウオーキングするような時間のない方にはα波の出るヒーリング&リラックス系音楽を聴いてみるのも有効です。

α波の出る音楽は自分を励まして自信をつける自己肯定感を上げていく効果がありますので憂鬱でお悩みの方にはお勧めです。

YouTubeのリラックス音楽を視聴してみてください。気持ちが和らぐと思います。

まとめ

今回は憂鬱でお悩みの方々に解消法などをお伝えいたしました。お役に立てれば幸いに存じます。

時には身体を癒してリラックスしてみるのも大切だと思います。

最後まで読んでいただき有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : https://carolynharrington.com/diy-healing/lethargic/ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です