踵(かかと)が割れて痛い!お手入れ方法は?治し方はある?

kakato-care

画像引用元 : https://www.liverdoctor.com/soles-feet-sore/

踵(かかと)が割れて痛い!

冬の乾燥時期になるとかかとがぱっくり割れて痛くなる方が増える季節です。

朝起きて歩く時、あ!痛い!と悲鳴を上げることもあります。

見た目も最悪で古びた鏡餅みたいになるし おまけにストッキングや靴下、ソックス、などを履くときにはガサガサひっかかるし伝線するわで超イライラしますよね?(笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

踵(かかと)が割れる原因・お手入れ方法・治し方

hifu
画像引用元 : https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2012/121001_01/index.html

足の裏やかかとの表面は角質層で細胞間脂質(セラミド)や角質細胞で形成されてます。

かかとの機能

足の裏やかかとの外側(表面)は角質層で細胞間脂質(セラミド)や角化細胞で形成されており細胞分裂は基底層~表皮までのターンオーバーで角化が進んで角質細胞になります。

角質層は外部からの刺激から守る防御反応(バリア機能)、全体重を支えるなどの機能があるために角質が厚く固くなるんです。

かかとが割れる原因

適度な硬さを超えて硬化が進んでくると角化症になります。かかとが皮膚の表面から真皮にまでひび割れしてくると血がにじみ出して痛みが伴うので歩行が困難になりがちです。

割れてくる主な原因は「乾燥」「外的刺激」によるものです。

chui 乾燥

綺麗なかかとを維持するには肌のターンオーバーの循環が正常に機能し古い角質は自然に剥がれていく必要があります。

通常皮膚の機能は皮脂腺の脂腺から脂肪性の皮脂を分泌して皮膚の保湿状態を維持して潤いを与えます。

しかし手のひらや足の裏、かかと、にはその皮脂腺がなく保湿機能は脂質が担ってます。

乾燥するとセラミド(角質細胞間脂質)天然保湿因子のNMF(アミノ酸、PCA)などの保湿成分が減少するため潤いが無くなり古い角質が剥がれ落ちないまま溜まりやすく固まっていく状態になります。

そのまま放置するとかかとのひび割れや血がにじみ出るなどに見舞われます。

hana セラミドとは?

hifu2
画像引用元 : https://www.sabina.jp/contact/trial.html

細胞間脂質のおよそ4割を占めるセラミド。角質層の内部で細胞と細胞の間に存在し水分保持を担う保湿物質です。

また細胞と細胞をしっかりと繋ぎ止める働きがありブロック層構造の形成と水分の蒸発を防いで健全な角質層を構築しています。

hana 天然保湿因子・NMFとは?

NMFとはNatural Moisturizing Factor の略語で天然保湿因子を指してます。

角質細胞内部に存在する保湿成分で主な成分はアミノ酸、乳酸塩、尿素、糖類、PCA(ピロリドンカルボン酸)、ミネラルなどで構成されてます。

水分を取り入れる吸湿性、水分を保持する保湿性の作用があり肌の潤いに欠かせない保湿成分です。

chui 外部刺激&摩擦

外部刺激や摩擦の原因は「サイズが違う履物」「固い履物」「裸足で歩く」によるものです。

かかとや足の裏は体全体の体重を支えて外部からの刺激や摩擦を受けかかとを守ろうとする防御反応により角化症になりやすい部位です。

お手入れ方法&治し方

かかと割れを治すには皮膚科に行くのが手っ取り早いですが自宅でお手入れする方法もあります。重要ポイントは乾燥させない、保湿ケアをする、刺激、摩擦を避ける、角質ケアを行う、などが大切になります。

乾燥によるかかと割れには保湿ケア

お手入れ方法は角質層で減少した角質細胞間脂質(セラミド)や角質細胞内にある天然保湿因子のNMF(アミノ酸、PCA)などが配合された保湿クリームやワセリンをお風呂上りに塗布します。

kakato-care

   かかとケア専用ソックス(無ければ絹系の靴下)を履いたまま就寝するとより    効果が期待できます。

保湿クリームやワセリンなどを入手するにはドラッグストア(薬局)の薬剤師に相談の上購入することをお勧めします。

角質除去

kakato-care2

   カチカチに固まった角質はやすりで除去しましょう。但し削りすぎるとターン    オーバーが早まるなどの影響が出るので削りすぎはNGです。また周辺の皮膚    を傷つけないよう注意が必要です。その後普段の手入れはスクラブで優しく磨    く程度がいいでしょう。

また、焦ってピーリングを行うのは? 後になって炎症を起こしてしまう可能性があります。こまめに保湿ケアを行うことをお勧めします。

靴や履物

普段使用する履物(靴)から刺激や摩擦でかかとに負荷が加わるようでしたら注意が必要です。

なるべく足のサイズが合うフィット感が優しい靴を選びましょう。クッション性のある靴の中敷もおすすめです。

冬の時期、自宅で過ごすときはクッション性のあるふかふかでモコモコ系のルームシューズがお勧めです。

room-shoes
画像引用元 : https://tetote-market.jp/creator/xxxsakuranboxxx/fw2109753816/ 
もこもこあったかルームシューズでかかと快適♪

かかとケアしても効果が出ない場合

ちゃんと保湿ケアしたのに効果がない場合は「かかと水虫」の可能性があります。足の指にできた水虫菌が足の裏からかかとまで進行する場合もあります。

特徴は足の裏全体に粉をふいた状態になります。おかしいと感じたなら皮膚科で診断しましょう。

普段注意しておきたいのは、足、靴、靴の中敷、スリッパなどの清潔管理と靴下&ソックスはこまめに取り換える、等がチェックポイントです。

まとめ

今回は、かかとに関してのお手入れ方法や治し方についてお伝えしました。

寒い季節のかかと割れは痛いし辛いものがあります。こまめにかかとケアを行っていきましょう。

最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です