食後に眠くなるのはどうして?原因と対策、食事の摂り方

nemui
画像引用元 : https://content.wisestep.com/control-sleep-office-lunch-best-tips/

せっかく午後は気合を入れて仕事に取り組もうと意気込んでいたのに食後になるとじわじわと眠くなる。

何故か食事の後になると眠くなる・・・

どうして眠くなるのか知りたがる方いらっしゃるのではないでしょうか?

ましてや午後は大切な「会議」「商談」「ミーティング」「打合せ」「講習」「車の運転」などがあると眠くなるなんて絶対NGです!

今回は大切な仕事や勉強の妨げになる眠気対策をお役になれますようにお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食後に眠くなる原因と対策&食事の摂り方

お昼のご飯をたくさん食べた後になると一気に眠くなるその原因とは?

原因❶ 炭水化物を多く摂りすぎる

脳の機能が正常に働くには「ブドウ糖」が必要です。ブドウ糖が脳に供給しなくなると眠気がしてきて睡魔に襲われます。

米やパン、麺類などの炭水化物を多く摂取し過ぎると血糖値が上昇します。その上昇を膵臓のβー細胞がキャッチし血糖値をコントロールするホルモン(インスリン)が血糖値を下げようと過剰に放出されます。血糖値が下がると脳の働きに必要とされるブドウ糖を供給する量が減ってしまい頭がぼんやりして眠くなります。

対策

眠くなるのは炭水化物が原因だったの?それじゃ炭水化物を摂らなければいいのでは?

ちょっと待った!脳機能が正常に働かせるには炭水化物が必要なんです。炭水化物は分解されるとブドウ糖(単糖類)になるからです。

脳へのエネルギー供給できるのはブドウ糖だけです。

脳に必要なのは炭水化物、されど摂りすぎると眠くなる。最終的に行きつくところは「食事のバランス」なんです。

chui食事の摂り方

sarada
画像引用元 : https://www.livestrong.com/article/373589-how-to-lose-weight-by-eating-clean/

「炭水化物の摂取量を減らす(コントロールする)」これに尽きると思います。

いつもなら、最初に炭水化物(ご飯)を口に入れ→おかず→生野菜(サラダ)みたいな流れが一般的ですよね?

この順序を逆からに・・・

例えば:最初に食物繊維を生野菜(サラダ・ワカメ・果物など)→おかず→炭水化物(ご飯)の順にするなどして血糖値が穏やかに上昇する食物繊維を最初に摂ることをお勧めします。また炭水化物(ご飯、麺類など)の摂取量も減らすなど工夫してみることをお勧めします。

また短時間での食事(一気食い)は血糖値が一気に上がります。食事はリラックスしてゆっくりと時間をかけて食べると血糖値もおだやかに上昇します。

原因❷ 自律神経

炭水化物の摂取量を減らすなど食事の摂り方を工夫しているにも関わらず食後、眠くなるのは自律神経系が原因と考えられます。

自律神経は消化器、循環器、内分泌腺、呼吸器などの機関を調整するための神経で交感神経と副交感神経からなります。

交感神経:活発な時、緊張で神経がピリピリ高ぶる時。

副交感神経:リラックス状態、ゆっくりと休息してる状態。

ここで原因として取り上げているのは「副交感神経」を指しており副交感神経が優位になると眠気がさしてきます。特に食後は副交感神経が優位になり眠気に襲われやすくなります。

対策

仕事中に眠くなったからと言って眠るわけにはいきません。対策は交感神経を優位にして活発化することです。

chui カフェインを摂る

カフェインはコーヒーや緑茶、紅茶に含まれており適度に交感神経を優位にさせてくれます。集中力、作業能力の向上や利尿作用もあります。

chui 軽い運動

軽い運動・・・体を動かすことで交感神経を優位にすることが出来ます。

1

2

3

画像引用元 : http://www.tjk.gr.jp/kenkan/kyoshitsu/20131120_02.html

chui鼻呼吸

簡単、速攻で出来るのが鼻呼吸です。やり方は鼻から一気に空気を入れたまま約5~6秒間息を止めて~再び鼻から一気に吐く。この作業を3~4回繰り返します。

まとめ

今回のレポートいかがでしょうか。

「今日の午後の時間帯は大切な●●がある」そんな時に眠くなるなんて辛いですよね。

今回は眠気対策として食事の摂り方、交感神経を優位にする方法などを中心にレポート致しました。

最後まで読んで下さり有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : https://content.wisestep.com/control-sleep-office-lunch-best-tips/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です