ポジティブになれないのは何故? 3つの原因と解決策を徹底分析

office
画像引用元 : http://www.butterflytherapies.com/wellbeing_at_work/

人生の中において悩みは付きもの。その悩みがいつまでも引っかかってしまい納得がいかずそれにより心が折れて何をやるにしてもポジティブに前向きな自分になれない。

何をやってもつまらなく感じてしまう。これから頑張って生きていくのが辛い。プラスに意識するのがしんどい・・・決してあなただけではありません、ポジティブになれなくてお悩みの方はいます。

そんなポジティブになれないあなたへ3つの原因を拾い上げてみました。解決への道のりを参考になっていただければと思ってます。ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポジティブになれない迷いの原因と解決策

ポジティブになれなくなった原因は人それぞれいろんな種類があります。

❶ ちょっとした些細な出来事のイライラがいつまでも尾を引いてしまう。

他人から見れば大したことではないのにイラッとしてその思いがじわじわ膨らんで心が折れてポジティブになれなくなってしまう。

「イラッとする」ということはそれが自分にとって大変な出来事であり絶対に許せなく頑固な気持ちになってしまうからなんです。

あおり運転をする人間の心理状態もこれに近いのではないでしょうか。これをやる輩は「イラッ」とする我慢の制御不能になるからなんでしょう。

車社会では「イラッ」とするシーンはざらにありますし殆どの方々は感情を抑えながら運転されていると思います。

解決策

その尾を引くいつまでもイライラが残った気持ちを乗り越えることが出来ないといつまでも続いてしまうでしょう。

「精神・心」と「体」は常に連動しています。

自分で出来る範囲の運動(ジョギングやストレッチ)をお勧めします。思いっきり息を吸って吐く(腹式呼吸)、思い切り汗をかく、そのような運動することで精神・心がそれに応答し改善できます。

「なんて小さい自分だったんだ」そう思えるようになったなら成功です。

❷ 過去に起きた嫌なことが頭から離れずたびたびフラッシュバックしてくる。

過去に起きた嫌なこと・・・そういう嫌な記憶ってなかなか消えないんですよね。

たしかメンタル関連の本で読んだことがあるのですが「楽しかった事」より「嫌な出来事」の方が心に焼き付いてしまうらしいです。嫌な出来事がしつこく記憶に残ってしまいそれが心の中につきまとってポジティブになんかなれないですよね。

解決策

自分に素直になればなるほど嫌なものは嫌と感じてしまうものです。だって人間の心は複雑でデリケートにできてますから。

忘れようと努力する?それは無理だと思います。余計に蘇ってきます。

じゃあどうすればいいの?

大切なのは「過去に起きた嫌な出来事に対して気持ちの整理をする仕方」です。

それは「嫌なことは許します。その代わりきっぱりと割り切ります」これしかないでしょう。

許すという気持ちは嫌な念が弱まりますし一回り大人の考え方や成長にも繋がります。

その「きっぱりと割り切る」という気持ちを持ち続けると踏ん切りがついて貴方の心をいつまでも守ってくれることでしょう。

❸ 自分が描いていた理想と現実のギャップに納得がいかない

夢や希望に胸ふくらませていたのに例えば・・・

会社・仕事の内容が自分の理想ではない。

出来高が悪いと残業手当は無償になるなど社員に負担をかけられる。

夢にまで描いていたイメージとは大きく異なり仕事内容はすべて地味でつまらなくそもそも夢を感じない。

職場の雰囲気に溶け込めないし人間たちと肌が合わない。

解決策

この世は「貴方だけ」のために存在しているのではなく、皆のために存在しているのです。

いろんな方々と共存共栄して社会は成り立っているのです。人間は十人十色それぞれ考え方や思想が異なります。理不尽なことや納得のいかないことはあって当たり前くらいの気持ちが必要ではないでしょうか?

「理想と現実のギャップに納得がいかない」そう感じるという貴方は「わがままな子供」なんです。

大切なのは現実とどう向き合っていくか? 厳しいですがこれしかないでしょう。

まとめ

今回はポジティブになれない3つの原因と解決策をお伝えいたしました。ストレス社会の中で戦いながらもポジティブになれない貴方は成長過程の真っ只中にいます。

人生は一度っきりです、頑張っていきましょう。

最後まで読んでくださり有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : http://www.butterflytherapies.com/wellbeing_at_work/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です