恋愛感情を感じない彼の本音を知りたい!本当の気持ちを確かめる5つの方法

love feeling
画像引用元 : https://www.entrepreneur.com/article/250541 

なんとなく彼の気持ちが掴めない。クールなのはかっこいいけど恋愛感情がないデートは冷めた感じがしてつまらない。愛されてる実感が湧かない。

彼の気持ちが分からないまま交際を続けるのは不安になりますよね?

もしかしたら、原因は貴女にあるのかもしれません。

今回は恋愛感情のない彼の本音や本当の気持ちが分からなくて悩んでる方にお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼の本当の気持ちを確かめる方法

❶ 感情

先ずは感情をチェックしてみよう。感情の中には相手の本音が見え隠れしています。

c 彼から送信してくるメールの中に貴女への思いを抱くようなワードがある?

例えば:「楽しかった?」「食事は美味しかった?」「マジでうれしかったよ!」このような感情(愛情)ワードが含まれていれば貴女と気持ちを共有したいという証です。

逆に、感情のない理屈や理由がやたら多いと貴女への思いは低いのかも知れません。

c デート中でも感情が出る?

例えば:包み隠さず「うわー!凄い眺めだね」「ここっていい雰囲気!」「なんてロマンチックなんだ!」このような感情をオープンにするということは貴女を信頼している証拠。

感情があると楽しくなりますし仲のいい証拠です。逆に感情のないデートは冷めた感じがします。

❷ メールを送ってみて反応をみる

先ずメールを送って反応をみてみよう。

c 送ったメールの返信は早い?遅い?

仕事中でも返信が早いということは貴女への気遣いがあり愛する気持ちが大いにあるということです。但し男性も十人十色です「お互い信頼しあっているからメールは後でもいいや」みたいな方もいます。遅いからといって鵜呑みにしないことがいいでしょう。

c 返信メールの内容は?

上でも述べたように感情がリアルに含まれているなら愛する気持ちはあると思って間違いないでしょう。

逆に素っ気ない内容や短い返事なら貴女への思いは低いかも知れません。

c しばらくの間メールを止めてみる。

最近連絡がこないけどどうした?みたいなメールが来るようなら大丈夫とみていいでしょう。

その後、メールが来ないようでしたら残念ですけど貴女への思いはほぼ無いと思います。

❸ 彼を試してみる

彼が嫉妬するかしないか反応を試してみよう。

ちょっとリスキーかもしれませんが男性(知り合い)の方がいればツーショット写真の相方役を頼んで画像保存して・・・

c「こないだ街でばったりクラスメートと会ったんだ~」などと言いながらそのツーショット画像を見せる。

c 可能な限りほかの男性と会話をするシーンを見せる。

・反応が少しでも、「寂しい」「嫉妬」みたいな表情があるのなら貴女への愛は十分あります。

・逆に全く反応がなく「フーン」などと興味を示さないようでしたら愛する気持ちは低いかも知れません。

会話

会話をしてみよう。

c しっかり視線を合わせ真っすぐ向き合って話をする?

・視線を合わせ真っすぐ向き合う姿勢で話をするのなら貴女のことを真剣に思いを寄せているでしょう。

・逆に落ち着きがなく視線がスマホを見る、時計を見るなど視線が散漫な場合、は要注意。

c 悩み事を打ち明けてみる?

そっと悩み事を打ち明けてみると相手の本音がわかるかも?

貴女の目をジッと見つめながら悩み事を真剣に聞く姿勢があるなら大丈夫でしょう。

・逆に「あまり聞く耳持たず興味を示さない」「めんどくさそうな態度」「視線を逸らす」「話を逸らす」「あくびをする」「話題を変えてくる」なら貴女への愛する思いが低いかもしれません。

❺ ズバリ本音を訊いてみる

貴女がどうしても彼の本音が分からないまま引きずるようでしたら悩みますよね。

勇気がいりますが思い切って本音を訊いてみましょう。

例えば「私は貴方の恋人なの?」

おそらく相手の方は驚くと思いますが単刀直入に訊いてみるのもアリだと思います。

・貴女のことを惜しまず愛してるのならリアルに感情のこもった「おいおいいったいどうした?」「僕のこと信じてるよね?」みたいな返事をすると思います。

・逆に視線を逸らしたり返事に困る仕草をするようでしたら、かなり要注意でしょう。

まとめ

本命の彼と信じていく貴女にとって心配はつきものですね。

ましてや彼の本音が分からないまま交際を続けるのはストレスが溜まります。

貴女の人生は一度っきりです。いつか立派な家族を手に入れて幸せな人生を送ることを祈ってます。

今回のレポートが少しでもお役に立てたなら幸いに存じます。

最後まで読んでくださり有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : https://captainwoolboy.tumblr.com/image/133326612323

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です