保湿ケアで乾燥肌対策する方法

satomi-i 
画像引用元 : https://maquia.hpplus.jp/topics/account/news/makeup/I0Y4cWc

空気が乾燥してくると気になってくるのがお肌の乾燥。

保湿クリームや化粧品だけで乾燥肌対策は無理があります。

室内の空気や加湿環境、体への栄養バランス、などチェックが必要になります。

今回は空気が乾燥したときの保湿ケアで乾燥肌対策する方法について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

石原さとみもこだわる保湿ケアで乾燥肌対策する方法とは

いつも美肌をキープしてる石原さとみさんのこだわる美容法は保湿ケア?

なんでも肌へのお手入れは保湿をメインにされているみたいで就寝時には加湿器をあてたまま寝るこだわりようです。また朝から保湿スチーマーをあてる、半身浴をするなど努力をされているみたいです。

石原さとみさんみたいに美肌になりたい!綺麗になって女子力アップしたい!そう願っている女性は少なくありませんよね?

乾燥肌対策としてチェックしたい項目は・・・

部屋の空気が乾燥状態

そもそも肌に最適な湿度は、60~65%といわれています。しかし冬場の季節では30~50%まで湿度が下がるそうです。これでは乾燥した砂漠にいるのと同じ状態。50%を下回ると、肌の乾燥が進んできますので対策が必要になります。

対策❶ カーテン

curtain
画像引用元 : http://www.e-toko.to/menu03/2009/04/49_t.html 

カーテンに霧吹きをかけて湿らかすと適度な保湿効果が期待できます。

しかし素材が薄いと水がポタポタ落ちるので注意が必要です。

カーテン素材で最も多いのがポリエステルですけど静電気を帯びやすく、水をかけると汚れやすくなるのがネックです。レーヨンは放湿性はあるものの水に弱くシワになりやすいのがネックです。綿や麻、アクリルは適度であれば水に強いので大丈夫でしょう。

対策❷ 洗濯物を室内で干す

sentaku
画像引用元 : http://fooline.net/senntaku-bennri/

冬場の洗濯物を外で干すのは乾きにくく室内で干した方がよく乾きます。

これはもう一石二鳥です。

干したときの臭いが気になる場合は好みの香りがする柔軟剤を使用しましょう。

対策❸ お風呂の湯気を利用する

ofuro
画像引用元 : http://sechibu.com/archives/359 

お風呂の蓋と入口を開けっ放しにすると湯気が部屋に回ってくるので保湿効果が期待できます。また花粉対策にもなります。

対策❹ 加湿器を利用する

kasituki
画像引用元 : http://www.mibyo.info/posts/2015/09/06/08006/

加湿器を利用するのも有効です。喉が渇いて咳き込む場合にも活用できます。

乾燥肌から美肌~食べ物

お肌の健康に欠かせないのは「ターンオーバー」と「バリア機能」を担う「天然保湿因子(NMF)」「角質細胞間脂質」「皮脂膜」の働きです。

納豆・ナッツ類

nuts
画像引用元 : https://haircare-factory.com/usuge-tabemono/

ナッツ類特にアーモンドにはビタミンEを豊富に含まれており毛細血管を拡張させる作用があるため血流を促し美肌効果があります。

また納豆は血流が良くなる「ナットウキナーゼ」や女性ホルモンと同様の働きと抗酸化作用がある「イソフラボン」が美肌へと導いてくれます。

アボガド

Avocado
画像引用元 : http://葉酸サプリおすすめlab.net/how_to_supple/avocado-yousan

よく森のバターで親しまれている「アボガド」。

アボガドもビタミンEを豊富に含まれており特にセラミドの生成に必要なリノール酸やリノレン酸の働きが角質層を保護して乾燥肌を防ぎます。

魚類

魚類(イワシ・アジ・鯖)には乾燥肌対策をするオメガ3系脂肪酸 や不飽和脂肪酸(DHA・EPA)が含まれており生活習慣病を予防する効果も期待できます。

脂質が含まれる食品

脂質(脂肪酸)の摂取量が不足すると乾燥肌、肌荒れの原因になります。

脂質が含まれる食品は主に

脂肪酸には2種類あり

・魚介類や植物油→不飽和脂肪酸

・肉、乳製品、卵→飽和脂肪酸

共に乾燥肌対策には有効に働きかけます。

お風呂

yubune
画像引用元 : http://web.bifix.jp/article/2017/04/03/post_22.html 

湯船に浸かる温度はぬるま湯で長く浸かるのはNGです。

熱いお風呂で長い時間浸かると皮膚の表面がふやけて傷つきやすくなり皮脂や天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質(セラミド)が失われてしまうからです。

また、目の粗いあか擦りタオルでゴシゴシ洗うのも乾燥肌の原因。綿素材で優しく洗いましょう。

お風呂上りには保湿クリームを塗布しておきましょう。

まとめ

今回は乾燥肌対策にまつわる、お部屋の環境、栄養の摂り方、お風呂の入り方などについてお伝えいたしました。

空気が乾燥してくる冬の季節では乾燥肌対策は欠かせません。是非今回のレポートで参考にしてくださいね。

最後まで読んでくださり有難うございました。

アイキャッチ画像引用元 : https://maquia.hpplus.jp/topics/account/news/makeup/I0Y4cWc

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です