肌のくすみを治したい!改善できる4つの成分と注目の化粧品

skin-care
画像引用元 :https://www.shiseido.co.jp/dp/special/22.html

顔にくすみがあると暗い表情になって老けたおばさん顔になったり、疲れ顔になったり・・・

気になる方は是非くすみのない肌、透明感のある肌、プルプル潤いのある肌、を取り戻してみませんか?

今回は「肌のくすみを治したい」と願ってる貴女のために改善できる成分や機能、注目の化粧品の案内などをお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肌のくすみを改善できる成分と注目の化粧品

肌のくすみ、しわ、ハリ、たるみ、を改善できる4つの成分と機能

ラメラ構造内部の角質細胞間脂質&NMF

Epidermis

表皮細胞(ケラチノサイト)は、
表皮の最下位の基底膜で生成され ケラチンを蓄積しながら上層部へと上がり 角質層の最上部で垢となり消滅します。
美しくて健康なお肌を維持できるのは角質層にある
ラメラ構造とターンオーバーが健全に機能することが必要です。

skin
画像引用元 : http://www.uruoiwoman-crmdlsn.com/whats/

肌トラブル原因の一つは肌の「ラメラ構造の乱れ」だった!

美しいお肌を維持するには「ラメラ構造」が乱れなく正常に整った状態で機能することが必須です。

水に馴染む水分層「天然保湿因子(NMF)」と
・油に馴染む「脂質層」
が交互に幾重にも規則正しく重なりあう
「ラメラ構造」という層で構成されお肌の潤いやバリア機能を担ってます。

表皮の角質層には保湿機能を持つ成分「角質細胞間脂質」があります。

・角質細胞間脂質の成分はセラミドが約40~50%を占めていて
その他、コレステロール、遊離脂肪酸、コレステロールエステルなどで構成されています。

角質層の細胞間脂質は、細胞をレンガブロックとすれば、それを崩れないように固定するためのセメントかパテ埋めのような状態をしています。

・天然保湿因子(NMF)は水分を吸収する(吸湿性)と水分を取り入れる(保湿性)があります。アミノ酸が主成分で、 水分、尿素、PCA、乳酸塩、ミネラル、糖類などで構成してます。

ラメラ構造が乱れる原因は、ラメラ構造をバリアする皮脂膜への摩擦による損傷、長時間お湯浸、紫外線、ストレス、刺激の強い化粧品、免疫力低下によるものです。

ラメラ構造が乱れると油分(脂質)の隙間から水分(保湿成分)が蒸発し肌がカサカサに乾燥して肌のくすみや肌トラブルの原因になります。

肌トラブル(くすみ、乾燥、シワ、たるみ)を防ぐには・・・

「ラメラ構造」「バリア機能」「肌のターンオーバー」が正常に機能すること。

また、

 セラミドや遊離脂肪酸などの細胞間脂質

アミノ酸、保湿成分などのNMF(天然保湿因子)

これらの成分を補うことが必要です。

・注目の化粧品その他成分について

            

     

2 有機成分植物

ソメイヨシノ葉エキス

サクラ葉のエキスに含まれるイソフラボン類の一種「プルネチン」という成分は色素沈着、メラニンの生成を抑制する働きがあるため肌のくすみや美白作用があります。

また保湿効果があるため乾燥肌にも効果が期待できます。

加水分解コメエキス

加水分解コメエキスは、種子のオリゼニンというタンパク質分解酵素が肌の保湿やコラーゲン生成の働きがあります。また紫外線から肌を保護する効果もあります。

チャ葉エキス

チャ葉エキスに含まれるカテキンの一種エピガロカテキンガレートは肌細胞の酸化を防いでくれる抗菌,抗酸化作用があります。

アミノ酸アルギニンには肌の角質層を保湿する効果があるため、肌のくすみや肌荒れ、アトピー性皮膚炎にも効果があります。

加水分解ダイズエキス

国産黒大豆(黒寿仙)の産地である丹波産の大豆から抽出されたエキスです。
ダイズエキスに含まれる大豆イソフラボンは、フラボノイドの一種で他にもサポニン、アミノ酸等の栄養が含まれてます。
女性ホルモンのエストロゲンと同じような構造を持つイソフラボンは、コラーゲンの生成を促す働きがあります。
そのため肌のターンオーバーが円滑に作用し肌のくすみやシワ、黒ずみなどの解消に効果があります。

潤いのある美肌維持に必要なのは・・・

色素沈着・メラニン生成の抑制・コラーゲン生成・抗菌、抗酸化作用のある成分

桜葉エキス

加水分解コメエキス

茶葉エキス

加水分解ダイズエキス

これらの成分を補うことが大切です。

水溶性コラーゲン

koragen.

水溶性コラーゲンには動物性と海洋性の2種類があります。

動物性コラーゲンの原料は動物(豚の皮)の真皮などで螺旋構造をしているのが特徴です。
不純物を除去する酵素と共に低温で溶解します。

何故なら高い熱量で溶解すると螺旋構造が崩れてゼラチンになりやすくなるからです。
酵素の活力と低温で溶解することで螺旋構造が崩れることなくコラーゲンを抽出することが出来るんです。

水溶性コラーゲンを口から摂取すると、胃の中でゼラチン状になりアミノ酸、ペプチドへと分解した後腸に吸収されていきます。

酵素の活力によって若いコラーゲンを多く含んでいるため腸内の消化が素早く有効に働きかけます。

コラーゲン水溶液を皮膚に塗ると、高分子の薄い皮膜が皮膚の表面に形成され表皮の水分蒸発を防ぎ、水分の保有力が高いため肌の保湿効果が十分に得られます。

海洋性コラーゲンの原料は骨や皮、甲殻、軟骨などで弱酸性の低温度(約8.5~12℃)の水溶液中で溶解が可能なのが特徴。

体への吸収が早く腸内環境を整える、血圧の上昇を抑制する、免疫力のアップなどの効果があります。

水溶性コラーゲンは表皮に水分と潤いを保つことができ滑らかな肌を得ることができます!

            

お肌に潤いをもたらすEGF

EGF

EGFとは「Epidermal Growth Factor」の略でもともとお肌に存在する因子でアミノ酸タンパク質の一種です。

EGFの主な働き

egf2

皮膚表面の上皮細胞の損傷やダメージの修復~肌を再生する働きがあります。
EGFを迎い入れる受容体EGFR(上皮成長因子受容体)と結合して細胞の増殖、活性化、肌のターンオーバーを促します。
医療でも活用されており火傷、傷、皮膚の手術、移植、再生などに使用してます。

老化が進む高齢者でも表皮に新しく生まれる新生細胞が成長することで潤いのある美肌が期待できます。

EGFはダメージ肌から新しく生まれ変われる潤いの美肌成分です!

 

ダメージ肌を改善する成分

角質細胞間脂質・天然保湿因子(NMF)

有機成分植物

水溶性コラーゲン

お肌に潤いをもたらすEGF

4つの成分ですべすべの潤い肌に!

    

  

肌のくすみが気になる方

お勧めの食べ物

肌のくすみが気になる方は体がポカポカ温まる食べ物・・・
にんにく、ねぎ、しょうが、ゴボウ、にんじん、、たまねぎ、れんこん、などがオススメです。
体が温まることで血液の循環がよくなり肌細胞の代謝が活性化します。
また、皮膚粘膜の栄養に欠かせないのがレバーやウナギ。
メラニン色素の沈着を抑制するパセリ、レモン、ピーマン。
血行促進には、ナッツ類(アーモンド)、モロヘイヤ。
などに含まれてます。

最後に

お肌の乾燥、シワ、くすみは、ターンオーバーの乱れ、バリア機能の低下、紫外線、ストレスや免疫力の低下、加齢・老化、生活習慣の乱れ、睡眠不足などさまざまな原因によるものです。

肌トラブルが絶えない方はご自身で原因がどこにあるのかもう一度見つめ直されてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき有難うございました!

アイキャッチ画像引用元 :https://www.shiseido.co.jp/dp/special/22.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です