体臭を消したい!臭いで分かる7つの原因!注目の野菜とは?

eiyou
画像引用元 : https://www.teamunify.com/SubTabGeneric.jsp?team=cansss&_stabid_=156434

職場や学校で体のニオイが気になるときってありますよね?
一口に体臭といっても、臭いは微妙に異なりますし発生する部位や疾患などの原因はさまざまです。
それに応じて対処方法も変わってきます。体臭を効率よく抑制するためには、
体臭の原因を突き止め、それに応じて対処方法など適した対策を取ることが大切です。

今回は体臭が気になる方々のために体臭の7つの原因と対策、デトックス効果や抗酸化力があり 嫌な体臭を抑制されると言われる注目の野菜についてもお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体臭がする7つの原因と対策!注目の野菜効果

体臭がする原因

体臭の原因は何処から?と一口で言っても様々ですけど
シンプルに言うならほとんどは内臓疾患が主な要因になります。

臭いで分かる7つの原因と病名

❶ 腐った卵のような酸味のある臭い

胃炎など消化器系による疾患の可能性があります。
例えば胃の働きは食べたものが胃液と混ざり
消化しやすいように小さく粉砕され十二指腸へと移されていきます。


しかし消化不良で胃の中に食べ物が残ったままの状態が続くと
胃酸の働きで残った食べ物が発酵します。
発酵することで臭い物質を引き起こし腸から血液~一部が汗へと移ってしまい
腐った卵のような酸味のある臭いが出てしまいます。

対策

急性胃炎:原因は暴飲暴食や過度なストレスによるもので
先ずは一日胃を休めましょう。
水分補給は白湯で安静にして下さい。
2~3日経過しても治らないようでしたら
病院で診てもらいましょう。

慢性胃炎:胃粘膜の炎症でできる「びらん性、表層性、肥厚性、萎縮性、」などがあり
粘膜が弱り薄くなることで引き起こします。
口臭がアンモニアの臭いがするとピロリ菌が原因の可能性もあります。
ピロリ菌に対する殺菌効果があるのはヨーグルトの乳酸菌ですが
内視鏡やバリウム検査などが必要なので必ず病院で受診してください。

胃潰瘍:慢性胃炎と同様に過度なストレスやピロリ菌が原因です。
主に食後で胃がもたれやシクシク痛い症状が出ます。
対策はヨーグルトが有効ですが、がん細胞の有無を確認するためにも
内視鏡やバリウム検査などが必要なので必ず病院で受診してください。

❷ 便のようなにおい

便のようなにおいがするのは過敏性腸症候群の可能性があります。

主な原因は現在のところ解明できない模様ですが
何らかのストレス(不安でドキドキするなど)により脳下垂体からホルモンが放出され
精神が過敏に反応しその刺激で腸の機能が不安定になることから
過敏性腸症候群の症状を引き起こすものとみられてます。

腸内環境が悪化し腸内に残ったままの食べ物が腐敗することで有害物質が発生し
便の臭いがするガスが発生します。

対策

「規則正しい生活」、「精神を穏やかにする工夫」や
漢方薬では「桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)」 並びに
「桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ」などが有効です。

いずれにしても原因のほとんどが多大なストレスなので改善が見られない場合は
精神的な緊張やストレスを軽減するためのカウンセリング「心理療法」がお勧めです。

❸ アンモニアの臭い

腎臓は尿を作る器官ですが腎炎などの炎症や尿路感染症を引き起こすとアンモニア臭がしてきます。
腎臓は血液から出る老廃物を腎臓へ運んでろ過し尿に変えて血液の浄化や排尿などの働きをします。
腎炎の原因は泌尿器系や腎臓~尿路の何処かに細菌が繁殖して炎症をひきおこします。

また肝機能が低下することでアンモニア臭がする場合もあります。

通常は肝臓内で遊離アミノ酸の一種「オルニチン」がアンモニアを尿素に変化~分解させて尿となって体外へ排出します。

しかし過度な運動や疲労などにより肝臓の代謝が低下すると、
オルニチン回路のアンモニア分解機能も低下します。

分解できずに残ってしまったアンモニアは血液~汗となり
アンモニア臭(疲労臭)を放つようになります。

対策

ミネラルの1種カリウムを多く含む利尿作用のある食品が有効です。
「アボガド」「ゴーヤ(にがうり)」「すいか」「トマト」「小豆」などがあります。
また浮腫みが出てくるようでしたら医師の受診をお勧めします。
また肝機能の低下が気になる方はしじみや牡蠣、ヒラメ、チーズがお勧めです。

❹ 便やおなら、息がネズミ臭、ドブ、カビのような臭い

肝機能(肝臓)の障害によるもので

アルコールや脂質を過剰に摂取することで
アルコールや脂肪、糖分は肝臓で中性脂肪となって蓄積されます。

通常、胆汁の移動は肝臓→胆管→胆のう(濃縮)→十二指腸へと流れます。
そして胆汁の分泌が不十分になると脂肪の消化・吸収が衰えてきます。

それにより便秘などで腐敗したガスを発生させ臭いおならや口臭の原因になります。

肝炎など肝臓の疾患による症状の確認は「静かなる臓器」
と言われるくらい本人でも分かりずらいのが特徴です。

対策

肝臓に過度な負担がかかると肝機能が低下して脂肪分が蓄積され
脂肪肝になり肝硬変になってしまうこともあります。

kanzou
画像引用元 :http://www.healthy-mylife.com/101/220/ 

脂肪肝にならないようにするには、肝臓に無理な負担をかけないことが大切です。

また弱った肝臓を元気にするには・・・

「高たんぱくで低脂肪のアミノ酸」
枝豆、納豆、豆腐、鶏のささみ、鱈、かれい、

「ミネラルを多く含むタウリン」
牡蠣、いか、たこ、ホタテ貝、あさり、

「血液中の脂質を下げるオメガ3脂肪酸」
くるみ、青魚、えごま油、緑黄色野菜(かぼちゃ)、

などの食品が肝臓を元気にしてくれます。

利胆作用のある胆汁エキスや熊胆(熊の胆のう・くまのい)も胆汁の分泌を促進させるのでお勧めです。
また疲れやストレスを癒し、生活習慣や食事を整えアルコールを控えることがなによりも大切です。

❺ 魚が腐ったような生臭い臭い

魚が腐った臭いがするのはトリメチルアミン尿症(魚臭症候群) の可能性があります。


魚には多くの脂質(レシチン)が含まれており腸内細菌の酵素が作用することで
魚臭のようなニオイ物質「トリメチルアミン」になってしまうんです。

体内(肝臓)にトリメチルアミンを無臭化する酵素がない場合には魚が腐ったのようなニオイが発生します。

対策

魚臭症の原因物質「トリメチルアミン」を含む食品は卵黄やレバー、加工肉類、ナッツや大豆製品、ブロッコリー、カリフラワー、鰻、エビ、いか、たこ、等です。
これらの摂取は独自で調整するより医師の診断による食事制限指導を受けることがお勧めです。
また水分(水)をたくさん飲むのもたいへん有効です。

❻ 腐った硫黄のような臭い

歯肉炎や歯周病の主な原因物質は、
食べたカスの中で細菌が増殖してできるプラーク (歯垢)です。

歯肉と歯茎の隙間にある歯周ポケットには
食べかすのタンパク質を嫌気性菌が分解する働きがあり
その際に VSCが発生して 硫黄のような腐った臭いを発します。

この臭いの成分であるVSCとは揮発性硫黄化合物と言われており
・硫化水素(H2S)、
・メチルメルカプタン(CH3SH)、
・ジメチルサルファイド((CH3)2S)、
この3つの種類で構成されてます。

歯周病は内臓からではなく歯に残ったままの歯垢が溜まることでなります。

対策

対処方法はプラーク(歯垢)や歯石を除去する必要がありますので
専門の歯科医院で受診することをお勧めします。

❼ ロウソク&古本のような臭い

加齢臭の原因物質は「ノネナール」です。
ノネナールは皮脂に存在する不飽和脂肪酸の一種
「9-ヘキサデセン酸」と呼ばれる物質が
表皮で常在菌により分解、酸化されることで臭いをおこします。


原因は内臓からではなく老化による自然現象です。
ホルモンの働きや代謝が衰えてくるので
皮脂腺から分泌された脂肪酸が酸化されることが原因です。

対策

老化の進行や臭いを抑えるには
抗酸化作用のある食品を摂取するのが効果的でお勧めです。

緑黄色野菜や緑茶、しょうが、きゅうり、アボガド、レンコン、トマト、などから摂取できます。

デトックスと体臭について

腸内環境の悪化で老廃物を消化・排泄しないまま体内で滞っていると、
一部が毒素に変化し腎臓や肝臓で処理しきれなくなると血液とともに全身を巡り、
体内から表皮で汗となり悪臭を放つ体臭につながってしまいます。


特に腸の悪玉菌はくさい臭いを発生させる原因菌で
体臭や口臭、げっぷ等くさい臭いを発生させてしまいます。


これらはデトックスの働きによって毒素を排泄する効果があり
体臭改善だけでなく体全体の健康にも期待できます。

注目の野菜とは?
それは

パクチーです!
yasai
画像引用元 :https://column.asken.jp/nutrient_dictionary/nutrient_dictionary-8659/

注目の野菜・パクチーとは?

パクチーは英語でコリアンダーともいいます。
クセのある香りがカメムシに似ているとよく言われます。


パクチーは、主に亜熱帯地域(東南アジア・南米)で日常的に愛用されており、
エスニック料理などあらゆるレシピで多用されている香草です。


セロリやバジルとともに好みがハッキリと別れがちな芳香の強い植物です。

パクチーで体臭を抑制できる?

パクチーは美容・健康に有効な抗酸化作用のあるビタミン類や鉄、カルシウムなどが豊富に含まれており、
その独特な香りが食欲を促し腸内環境の活性化を促してくれます。

我々は食品、水道水、大気汚染、化粧品など日常生活の中で知らないうちに微量の重金属類(水銀・鉛・カドミウム)などが体内に入り完全には排泄されず蓄積され、

便秘など消化器系に悪影響を及ぼし肌荒れや浮腫み、おでき、ニキビ、免疫力低下など引き起こします。

パクチーにはこれらの有害物質を吸収されやすい化合物に変化させるキレート作用があり尿や便とともに排出してくれる働きがあるんです。

■汗、臭わない!パクチーエナジーゴールド

最後に

体臭がすることでそのにおいの種類から病気を発見し診断され回復につながることもあります。

体臭の対策は、日々の日常生活の中のちょっとした工夫からはじめてみてはいかがでしょう。

食生活では栄養の摂り方やバランス、有酸素運動で脂肪燃焼、心のケアで温泉旅行など

自身の健康のためにも大切だと思います。

最後まで読んでいただき有難うございました!

アイキャッチ画像引用元 : https://www.imperialcarpetclean.com/services/odor-removal/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です